TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記43(呑気な家族)←  1995年 5月 15日  →ダム日記45(いじめ)

∞∞ダム日記44(川流れ)∞∞

5月15日(月)
誤字脱字、変換ミスの激しい、反省材料に欠くことのない日記ですが、つい
に河童の川流れ。ダムファイターにあるまじき大きな誤解に気づきました。
なんと、相模(取水)大堰と宮ケ瀬(多目的)ダムは同じものだと思い込ん
でいたのです!二つを混同して書いていました。お詫びして訂正です。ごめ
んなさい。(以下の混同は、1996年11月2日、前に遡って訂正済みです。改め
てお詫びします。)

!!!!訂正内容!!!!
日記31(地震)で、関東に大地震がくれば崩壊する恐れがあると地質学者の
生越忠(おごせすなお)先生が予測しているのは宮ケ瀬ダム(正しい)。
「訴訟」が起きているのは、宮ケ瀬ダムではなく相模大堰(混同していまし
た)。

日記33(倫理と科学)で、日量130万トンを開発する予定なのが宮ケ瀬ダム
(正しい)。しかし、「相模大堰建設阻止住民訴訟」で神奈川県知事が起訴
されているのは勿論、相模大堰(混同してしまいました)。

日記34(周辺知識)で、衆議院の環境委員会で建設省に対し、一議員が説明
を求めたのは、宮ケ瀬ダムのことではなく相模大堰(完璧に同一視していま
した)。

日記40(墓石)と41(荒涼にして)で取り上げたのは宮ケ瀬ダム(正しい)。

以上ですが、追々バックナンバーをアップする時にきちんと整理した形でア
ップ致します。ご面倒でなければ、上記のナンバーがアップされた時に、ご
確認くださいますようお願い致します。

???フランス国旗???
誤解に気づいたのは先週末。テントとカヌーを抱えてアウトドア人間達が集
った「キャンプインシンポジウム」会場。カヌーイストの野田知佑さんも駆
け付けて相模川の川原で開かれた2日かかりの相模大堰反対集会です。

「ここが相模大堰建設予定地です」と聞いて初めて、先週末に足を運んだ宮
ケ瀬ダムと相模大堰が別物であることにハタと気づき、「うわぁ、ダム日記
に勘違い情報を書いてしまったぁ、どうしよう!」と青くなり、「えぇ? 
宮ケ瀬ダムでさえ無用なのに、ここでまた取水?なんで、どうして?」と赤
くなり、ゾンビのようなダム建設計画を思って白くなりました。

まさのあつこ

追伸 残念なニュース
やっと宮ケ瀬ダム、相模大堰予定地に足を運び、誤解をなくし、正しく理解
できた。ふ〜、ヤレヤレと思っていたところ、今情報をもらいました。

【腐り切った舌の根】
建設省が、相模大堰の水利使用を、広域水道企業団(神奈川県と横浜市など
が構成)に、許可してしまいました。

建設省は、今年2月1日に企業団に市民との「話し合い」を指導したばかり
ではないですか?その「話し合い」では不毛な論争が行なわれただけです。
舌の根も乾かぬ先に。

たった2日前の夜、そよそよと気持ちい川原の夜風にあたりながら、ランプ
の仄かな灯の下で仲間と語り合ったことを思い出します。「建設省の人間を
皆、川原に連れ出してカヌーに乗せてやろう。そうすれば分かってくれるか
もしれない」
ーーーーーーーーーーー
野坂建設大臣への招待状
   首相官邸(INET:sanjikan@kantei.go.jp)経由
   参事官様 どうかお届けください。
テントもあります。カヌーもあります。語らいの友もいます。
気候も暖かで、夜風も優しい。
相模川の川原で一緒にキャンプしませんか?

まさのあつこ(ダムバスター) Nifty ID:VYC00431
ーーーーーーーーーーー