TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記62(若葉マーク)←  1995年 6月 23日  →ダム日記64(林道)

∞∞ダム日記63(王国からの叫び)∞∞

毎度スミマセン。また間違えました。
前回の 吉野川河口堰→可動堰  足羽川(石川県→福井県)です。話の最
中、何度も福井県、福井県と聞いたのに!手が、手が、ピシッ、ピシッ(←
おしおきの音)!

6月23日(金)
明日はいよいよ千駄ケ谷の日本青年館で、「大規模林道・ダム開発を問う集
会」が行なわれる。今回は第三回だ。

【愛しい人々】
1991年11月、会津若松の「博士山ブナ林を守る会」「小国の自然を守る会」
と山形の「葉山の自然を守る会」が、「大規模林道問題全国ネットワーク」
を結成した。

北は北海道から秋田、岩手、山形、福島、富山、栃木、広島、高知、熊本、
そして、沖縄まで、人気のない山奥に、動物達、植物達の王国をズタズタに
壊しながら、林業のためではない、単にお金を落とすための道路を、森林開
発公団や林野庁が建設する問題を、「この愚行、何とかならんものか」と考
え、警告し、提言をしていく集会だ。

93年第一回が山形県白鷹町で、94年第二回が会津若松で開催された。

    今度は東京で大騒ぎをしよう!

昨年、会津の夏の夜の宴会で飛び出たこの思い付きを、1年かかって育て上
げてきた人々は皆、とても素敵な人々だ。

私のお気に入りは、「葉山の自然を守る会」の原敬一さん。白髪で、山に入
ると少年のように薮をかき分け、沢ぞいに、ウワバミ草、ウド、フキの在り
かを教えてくれる。パソコン通信のことを話すと、目をクルクル、キラキラ、
パチパチする。

欝蒼と茂るブナの森のマザーツリーを探すゲームで、妖精になった気分にさ
せてくれる。

引き裂かれる山と森のことを訴える時、誰よりも優しい顔が誰よりも厳しい
顔になる。

白鷹町の役場に勤めながら、堂々、葉山の大規模林道建設反対運動をやって
きた。

きっと、その運動自体が潰されずにやってこれたのは、原さんの熱意もある
けれど、人徳(キャラクター)だ、と秘かに思う。

今月11日、原さんの案内で、葉山の現場を見てきたけど、実情は本当にひ
どかった。

役場前で待ち合わせ、登山道のようなガタガタ道を車で揺れに揺られ、1時
間半、6月だというのに肌寒い標高800メートルの山の中に突如、舗装2
車線道路が現われるのだ。

「馬鹿にすんじゃねえ!」

誰だって叫びたくなる。そういう人が、全国から叫びに集まります。24日(1
3:00から)と25日(12:00から)、日本青年館(新宿区 千駄ケ谷 TEL:03-3
475-2455)。オオタカ、クマタカ、イヌワシ、やんばるクイナ君に代わって、
いや、彼ら以上の叫びを携えてやってくる人々の訴えを聞きに来ていただけ
ればと思います。

「ここは保安林です。林業はありません。町からは1時間半。こんな山の上
に道路があっても、町の誰も恩恵を受けません。1年の半分は雪の下です。

雪は吹きたまりで8メートルにもなります。すごい重さです。ここは脆い土
地です。亀裂が入り、そこから水が入って、凍って、道路を切り裂きます。
毎年、春は改修工事です。その負担は町が払います」

「ここはブナの原生林でした。道路を作るために皆伐して、杉を植えました。
杉を植えると補助金が出ます。しかし、雪が深くて幹が曲がる。春になると
紐でひっぱります。これにも補助金が出ます」

ツルっ禿になった山の実態。
植林した杉のほとんどが風と雪で既に倒れ、まばらに残った茶色く先枯れし
た杉が、これまた雪でひんまがったガードレールや地面からやっとつながれ
て立っている。

「(宇都宮大学の藤原)先生、どうです、これ」

「全滅ですね、今立ってる奴だってもう生きちゃないですね。時間の問題で
しょ、皆倒れますよ。何年経ってるんです?普通なら3、4年でこれくらい
の高さになりますが」

「25年。森林開発公団は、これで森は回復した、という報告書を書きました」

一堂、苦虫を噛んだような顔で絶句。

足元をふと見ると、ブナの子供が植えられている。

「これは?」「森林開発公団です。今ごろ、気づいたんでしょ」「やらない
よりマシですね。再生に何年かかるかな。80年して戻っているかどうか。駄
目かもしれませんね」

昨年、夏の夜の会津の宴会から始まったこの手作りの集会。仲間になりませ
んか?

【おまけ】
「おい、人寄せパンダ呼ぼうぜ」「誰にする?」「本多勝一」「他にはいな
いのか」「タレントがいいなぁ」「椎名誠」「またぁ?ちゃんと分かってい
る人間じゃなきゃシンポジウムにならないぞ」「シモダカゲキ」「それ品位
を疑われますよ(シモダさんごめんね)」「じゃぁ誰だよぉ」「もういいよ、
俺らだけで」

いやいや、私たちだけじゃ困るんです。沢山きて下さい。この会を躍起にな
って潰そうとした化け物君達も(誰たぁ、ここでは言いませんが)、もうか
んねんして、出ていらっしゃい!