TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記63(王国からの叫び)←  1995年 6月 24日  →ダム日記65(交差点)

∞∞ダム日記64(林道)∞∞

6月24日(土)
ごめんなさい。お詫び連続記録。
昨日アップした大規模林道集会のスケジュール間違ってました。明日25日
(もう今日だ!)は朝9時から昼12時までです!(千駄ヶ谷 青年記念館
は同じ)

本日の参加者は160余名!44団体!北海道から沖縄まで、小さな団体か
ら大きな団体まで、自分の足元の山や森を守ろうという人々がやってきまし
た。

今日は、受付作業その他なんでも来い!状態だったので、内容の報告をうま
くすることができません。けれど、ご飯を食べて、帰り際、昨日少し紹介し
た原さんのお話で、参加した人々の心に去来したものの一部に触れることが
できました。

2点を報告して、明日の集会に備えて眠ります。

一つ目、建設省前でのハンスト13日目の天野礼子さんがやってきたこと。
彼女は大規模林道問題とダム問題がつながるなんて思わなかったと語り涙ぐ
み、それを聞いた原さんもまた胸を熱くした。違っているようで根っこは同
じ。国民の知らないところでいつの間にか決まったこと、必要性の欠如した
公共事業に、大金が(税金が)支払われているという共通点で結ばれている、
結ばれなければならない、同じ目的(今の日本のあり方を変える)を持った
者同士、より大きなネットワークでお上に働きかけていかなくてはならない
という実感。

二つ目は、今回の集会は、自己満足で終わるのではなく、翌月曜日に林野庁、
環境庁、総務庁に行き、大規模林道は要らない、ダムは要らないというネッ
トワーク全体の共同アピールを突きつけにいくという点で前進であること。

そういえば、「この前はどうもありがとう(ハンストの応援に15分だけ行
ったこと)」と受付に現れた天野礼子さんの横には、前に一度「野糞野宿厭
いませんからアラスカユーコン川に一緒に行かせてください!」とファンレ
ターを送ったことのある野田知佑さんがいた。参加者名簿と、細河内ダム反
対署名用紙と、メモ用紙、計3回も署名をいただいてしまった。