TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記82(土足vs素足)←  1995年 8月 20日  →ダム日記83(公開質問状)

∞∞ダム日記83(こりゃ問題だぜ)∞∞

8月20日(日)

環境庁自然保護局自然環境調査室(〒100 千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3591-
3228)では今、「生物多様性国家戦略(原案)」への国民の意見を受け付けてい
ます。25日が締めきりです。ダム問題を勉強してきた者として、以下の点に、
「国家戦略」として問題を見受けます。

河川事業に関わる個所しか網羅していませんが、以下の点、あるいはその一部で
も同意してくださる方は、適当に修正、加筆、削除してくださって構いませんの
で、環境庁への意見提出に利用してください。(送信先 F03-3591-3228でニフ
ティからFAX送信ができます)

あるいは、一念発起して、FENVにある生物多様性国家戦略(原案)をダウンロー
ドして、隅から隅まで読み、問題点を見つけて、意見をご自身で環境庁へ送って
ください。
感想だって文句だっていいと思います。参加することに意義ありです。

そしてよかったら「こんな意見を送った」というのを知らせてください。NGOで
集まって意見をまとめる計画があります。

1.プロセスに関して
国民に原案を公開してから、意見聴取するまでの期間が2週間強では短か過ぎる。

国民、企業、第一次産業従事者に大きく関わる問題であるので、行政だけでなく、
原案作成段階で、広く意見を募るべきであった。

2.中身に関して
「戦略」のはずが「現状報告」でしかない。もっと具体的であるべきだ。

3.具体的修正案(1部のみ)
【原案】p.20 (7)郷土の森
郷土の森は、地域における象徴としての意義を有するなどの理由により、森林の
現状の維持について地元市町村の強い要望がある森林を保護し、併せて地域の振
興に資することを目的とする。郷土の森は、国有林と地元市町 村の間で30年を
上限としる協定を締結することを条件として設定することとしている。1995年4
月1日現在、28個所、約2千haが指定されている。
→【修正案】
最後の1文→郷土の森への指定を希望する市町村を募り、2000年までに、あと○
○万haを郷土の森に指定することを目標とする。
(○○の所は、二酸化炭素排出量を相殺するに足る森林面積を弾き出して、その
うちの「郷土の森」の割り当て面積を算出する。)

【原案】p.23
(3)河川における生態系及び自然生息地の保護に配慮した事業等を行なう。
→【修正案】
(3)河川における生態系及び自然生息地に多大なる影響を与える可能性のある
事業では、環境アセスメントを義務付ける一方、その事業の目的に応じた、環境
負荷のより低い代替策を検討する。

【原案】p.23 エ 水と緑豊かな渓流砂防事業
砂防事業を実施する上で、生態系及び自然生息地の保護に資するような自然環境
の保全に配慮した事業を推進する。
→【修正案】
生態系及び自然生息地の破壊につながる可能性のある砂防事業は推進しない。

【原案】p.23 オ 生物成育環境の整備
河川において、生物の良好な生息・成育環境を維持・創出するため、産卵場・稚
魚育成場の造成、漁場の耕運、浚渫、魚道の整備、魚礁の設置整備事業を推進す
る。
→【修正案】 オ 生物育成環境の保全
生物の成育環境が保全されている河川においては、人工の施設を設置することを
禁ずる。

【原案】p.37 (2)砂浜の保全
砂浜は、微生物の作用やばっ気効果によって海水の浄化が行なわれ、多様な生物
の生息環境となっている。現在我が国に20,000haある砂浜は、年間160haに及ぶ
侵食を受けているが、これ以上の減少を食い止めるため、調査研究を通じ侵食の
発生機構を明らかにするとともに、砂浜の侵食予防と復元の両面から海岸保全対
策を展開していく。
【修正案】(2)砂浜の保全
−前略−我が国に20,000haある砂浜は、年間160haに及ぶ侵食を受けているが、
これは河川に建設されたダムに砂がせき止められ堆砂するという発生機構が明ら
かになっているので、排砂対策を展開し、また、堆砂によって機能を失ったダム
を撤去する。

【原案】p.76 イ ダム湖活用整備事業
−前略−ダム湖周辺の適正な利用を誘導し、地域の憩いの場として提供すること
により、ダム湖をレクリエーション資源としての価値を高め、その持続可能な利
用を推進する。
→【修正案】これは削除。(生物多様性の保全とは何の関係もない)

【原案】p.76 ウ ふるさと砂防事業
砂防事業において、生態系等自然環境等の回復を図るとともに、地域の発展計画
との整合を図りながら、地域住民が自然とふれあう豊かな環境の持続的利用を推
進する。
→【修正案】従来のコンクリートを利用した砂防事業では、生態系破壊の影響が
多大なので、間伐材などの利用を模索、展開し、林業のきめこまかな振興にも努
める。(補足説明−間伐材を地面に横倒しにしておけば、流出した表土が止り、
たまった土の上に、草が生え、砂防効果が促進される。)

以上です。

まさのあつこ