TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記97(やった〜!)←  1995年 10月 11日  →ダム日記100(^○^)

∞∞ダム日記99(鎌倉市長)∞∞

10月11日(水)
素敵な人に会うとそのことを二週間くらい反芻して気分がルンルンする。最近は
インパクトのある人物やできごとが多いので、オーバーラップしてハイな状態が
続く(~_~メ)。

【鎌倉市長との面会】
鎌倉市長にお会いしてきた。私は遅刻魔だけれど、今日だけは遅れてはいけない
と思って鎌倉駅から走ったら、約束の30秒前に着いた。ほっ(^^;ゞ。

【アースデイのこと】
そもそも「アースデイニュース」という環境保護運動の情報紙にサイクリング
「木頭村へ行こう」の案内を載せてもらうために電話したのがきっかけ。
電話に出たアースデイの須田春海さんが「貴女はなんでこんなこと(木頭村の応
援)やってんですか?」って質問をなさる。カクカクシカジカ答える。
すると「ふむ。貴女はお住まいは鎌倉?では鎌倉市長から村長にメッセージを届
けるっていう風にしたらどうです?僕の名前言って電話してごらんなさいよ」と
簡単におっしゃる。そんなことが電話1本で簡単に発想できる方ってスゴイ。

アースデイは「民族・国籍・思想・信条・政党・宗派をこえて、だれもが自由に
その人の方法で、地球環境を守る意志表示をする国際連帯行動」なのだそうだ。
「やぁ、素敵だなぁ」というわけで、須田さんのアイデアを頂戴することにして、
須田さんの名前を盾に、コワゴワ市長さんの所へ電話をして、果たしてお会いで
きることになった。

【鎌倉市長 竹内謙氏】
「いや、そりゃもう、こちらからお願いしますよ」
お会いして1分。こんな返事をいただけるとは思っていなかった。7月末に東京
都民から鎌倉市民になったばかりの私は、サイクリングを楽しむだけでなく、鎌
倉市長のメッセージを木頭村長へ運ぶ少しマジメな役目も付帯させてしまった。
これはきっと、アースデイがいう、川を守る決意をした木頭村を応援しようとい
う「連帯行動」そのものなのだ。

【ビジョンを持った市長さん】
「それはそうとね、貴女達のパソコン通信という実に時代に合った技術を使って
応援をするというやり方が面白いなぁと興味を持ったのと、実際に応援といって
もどういうことなのかを聞きたかったんですよ」
「はぁ(なるほど)。外からの応援ですので、ダム建設は反対だという運動の仕
方ではなく、まず、こんなに小さな村がダムに反対しているのですということを、
できるだけ多くの人に知ってもらうというやり方で応援をしようと思います」
「うん」と言って、オランダのナールドヴェイク市の話をしてくださる。
3月にドイツで開かれた「気候変動に関する世界自治体サミット」に、彼らは16
人で自転車隊を編成して800キロを5日かかってやってきた、という話だ。CO2を
2010年までに10%減らすための交通政策のPRだ。
「そうやって楽しんでやる明るい保護運動に、今回のこの貴女達のやろうとして
いること(サイクリング)と通じるものがあるような気がしますね」

元記者さんである竹内市長は質問がうまい。考えたことをパッパと表現し、パッ
パと次へ進む。「しつこく聞いてごめんなさい」とおっしゃりながら、「考える
会」の応援の主旨内容の質問に始まり、私の遍歴まで聞きだすのはあっと言う間。
全部喋らされてしまいました(^^;ゞ。それも社交辞令で聞くのではなく、ホント
に知りたがって聞いてくださる。「まだ分かんないなぁ。どうしてそんなに応援
にのめり込むようになったのかぁ」と頭を掻き掻きされるので、困っちゃったなぁ
、と思いながら、中南米の放浪中にきれいな川や湖に出会い、日本にはどうして
こんな川がないのかと、くやしかった気持ちや、「縁」の話までしてやっと納得
してくださった(かな?)。

そして人の話を聴きながら、ご自分の考えをしっかり教えてくださる。
「ダムが問題になり始めたのは昭和30年代。水は40年代のレベルで充分になりま
したからねぇ。政治の力でそこを無理矢理強要してきたのが実情でしょう。水だ
けじゃない。エネルギーにしても、これ以上、そんなにふんだんに使うことが果
たして文明なのか、と問わなくてはならない時代ですね」

資料もいただいてきて、思わず読み更けってしまった。
「環境自治体」を目指す鎌倉市長 竹内謙氏の政治信条を紹介してしまう。

一、日本国憲法が定める「地方自治の本旨」を真剣に追及する。
二、市民が自立と連携によって人間性豊かな地域づくりを果たす自治体を志向す
る。
三、地球を思い、地域から行動する「環境自治体」の創造を目指す。

今日も今日とて勉強になった一日でした。

竹内市長は口も身体もよく動く。「あれはどこだったかな安部ちゃん」と秘書課
長さんに話しかけながら、ご自分で資料を取りに行ったりなさる間、秘書さんに
「市長って気さくな方ですねぇ」と言うと、「はい。とても面白い方ですね。政
野さんもですけど(ははっ)。考えをすぐ行動にされる方、考えながら行動され
る方で、今までの行政にはないやり方です。回りは大変ですよ、ついていくのが
(^^;ゞ。でもやりがいがあります」ときっぱり(-_-)。感動です。
竹内市長、安部さん、「市長がお会いになりますよぉ」と電話を下さった植(上?
)松さん、今日はお世話になりましたm(_ _)m。

それからアースデイのことを教えてくれた長良川のTOMさん、毎度のことながら
有難うございます(^^) 。

まさのあつこ