TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記115(京大山口君への手紙)←  1995年 11月 17日  →ダム日記117(苦しみの負担)

∞∞ダム日記116(生物多様なのだ)∞∞
11月17日(金)

【現代の食物連鎖】
土の上の葉っぱ。みみずが食べる。みみずのうんこ。土ができる。植物が育つ。
虫が花粉を運ぶ。実がなる。草食動物が食べる。肉食動物がそれを食べる。雑食
の王者人間様がなんでも食べる。うんこする。川を壊す。山を壊す。海を壊す。
野を壊す。葉っぱができなくなる。みみずが死ぬ。うんこができない。土が死ぬ。
植物が死ぬ。虫が死ぬ。実がならない。草食動物が死ぬ。肉食動物が死ぬ。雑食
の王者人間様、植物と動物を藥で育てる。優秀なものだけ選りすぐって後は捨て
ても構わないと考える。その次の瞬間、その人間も死ぬ。

【みみずのうんこのためにあなたは何をするか?】
生物多様性の集まりが二つあります。一つは明日。この案内が間に合うかどうか。
。。

★生物多様性フォーラム(転載可)
時:11月18日(土)午後1時−5時
所:市ケ谷自動車会館 3階会議室 千代田区九段南4-8-13(TEL:03-3264-4719)
金:500円
人:講演「絶滅危惧種の生物学」河野昭一(京都大学)
  報告「第2回生物多様性締約国会議(ジャカルタ会議)」松本幸花
  パネルディスカッション「生物多様性と日本の自然保護」
  藤原信(宇都宮大教授)河野昭一(京大教授)松本幸花(JACSIS)
	 管家博昭(百姓/博士山ブナ林を守る会会長)新野祐子(有機農業家)
受付:多分ワタシ(これを見て来た人は「みみずのうんこ」と
   言ってみてください(゚.゜)\ボム☆

★ 野 生 生 物 の 保 護 と 国 際 条 約(転載可)
           −特にわが国の環境行政とNGOの役割に関連して−

国際条約と日本の環境行政 磯崎博司(岩手大学人文社会科学部)
CITES(ワシントン条約)について 村上興正(京都大学理学部)
ラムサール条約について           花輪伸一(WWF Japan)
世界遺産条約について                 吉田正人(NACS-J)
世界遺産条約−屋久島の管理と関連して−       
               東 滋  (京都大学霊長類研究所)
温帯林等の保全声明に関して     三浦慎吾(森林総合研究所)
生物多様性条約と国家戦略   森康二郎(環境庁自然保護局)
生物多様性条約と国家戦略−NGOの立場から−    
	        松本幸花(「環境・持続社会」研究センター)
進行                                        上原 健(日本野鳥の会)

時:12月10日(日)9:30開場 10:00開始 17:00終了
所:国立オリンピック記念青少年総合センター(代々木)
        本館研修室 (本館 2 階 180人室)TEL.03-3467-7201
便:小田急線参宮橋駅(5分),地下鉄千代田線代々木公園駅(8分)
金:無料  
問:(財)世界自然保護基金日本委員会 WWF Japan 自然保護室
                    TEL.03-3769-1713, FAX.03-3769-1717
注:「みみずのうんこ」と言わないでください(゚.゜)\ボム☆

まさのあつこ