TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記119(世界へ)←  1995年 11月 30日  →ダム日記121(PARTY TIME!)

∞∞ダム日記120(イマジン)∞∞

11月29日(水)
「友達を信用するな」という人が現われた。活動をしていると、色々ななことに
遭遇するようです。マラソンでも水泳でも、自転車競技でも、結局は自分との戦
いですから、こういう問題にひっかかった時は、本来の活動を脇においてでも、
しっかり消化する必要があると思っています。
そして消化できました。答えはこうです。

友達が信じられなくなったら活動をやめます。
活動と友達とどちらが大事か。友達です。
人を信じられなくなったら、私は私じゃなくなるし、そうしたら木頭村のような
「正しい村」を応援することはできない。

ダム日記を書く理由の一つに、これを読んで「こんな素人でも何かできることが
あるんだな」と思ってくれたら、というのがあります。たいしたことである必要
はない。一人の力は小さくていい。ジョン・レノンも言うではないですか。「I'
M A DREAMER. BUT I'M NOT THE ONLY ONE(僕は夢追い人 でも僕だけじゃない)
」だから、僭越ながら、次へと続く夢追い人への「手引書」のつもりです。

お金も権力も何もなくても、夢があったらきっと何かができる。
「ひとりぃの小さな手 何も でっきっないけどぉ
 でも みんながみんなが あっつまればぁ 
 なにかできる〜 なにぃかぁで〜き〜る〜 」
             (この歌知ってます?)
だよねヽ(^。^)ノ。

【徳島の小さな手、手、手】
先日からダム日記でも「問題あり!」「人選さえおかしいぞ!」と言っているダ
ム事業見直しの審議会に関する動きを中心に、ダム関連の動きを追いました。
「大衆の意志表示」と、その結果の一例を、ご覧下さい。
10/12(民)「地球環境問題からの視点をもって! 
      徳島県民の人類としての英知が試されている!」(新聞読者覧から)

10/20(民+建)「高知日弁連人権大会分科会」に徳島からも多数参加
     「審議会の人選は公平とは言えない」(木頭村長)     
10/23(民)那賀川エコツーリング
     「決められた予算を消化してダムを増やそうとする行政は
      転換期にきている」(週刊釣りサンデー)
10/24(建)細川内ダム計画説明会
10/25(建)吉野川シンポ6回目にして初めて建設省も出席を決定
10/25(民)「ダム・堰にみんなの意見を反映させる県民の会」懇談会
   ・9月の閣議で、国の審議会と議事録を公開することが
    決定したのに何故、非公開?
   ・公共事業評価の透明性、客観性を高めるという審議会の
    存在意義を自ら損なう。
   ・住民の知る権利を制限するのはバランスを欠く
   ・議論の過程を公開して住民の批判を受けなければ
    事業評価に対する社会合意は形成できない
10/26(民)「ダム・堰にみんなの意見を反映させる県民の会」審議会委員長に
質問状
10/29(民)「森と自然を守るシンポジウム」徳島にて
     「ダムは最大の環境破壊」(木頭村長)
11/3(民) 紅葉サイクリング「木頭村へ行こう!」(゚_゚)?
11/5(民)「堰の建設は開発して経済効果をあげる自民党政治の罪の一つ」
     (筑紫哲也 徳島で講演)
11/9(民) 野鳥の会/パンダクラブ徳島 
     建設省徳島工事事務所に吉野川第十堰に関し質問書3回目の提出 
11/12(民+建)吉野川シンポフォーラム「河口堰の問題を考える」
      (民)「住民不在の事業計画を改める第一歩」
      (建)「住民の意見を聞きたい」
      (C.W.ニコル)「今の(自然破壊の)やり方を見ていると
       日本人はみんなで自殺する気かという感じがする」
11/15(民)「ダム・堰にみんなの意見を反映させる県民の会」
   審議過程を公開して合意形成を図る会を設置を話し合う
11/23(民)「あなたが世界だ」をダム日記上で円藤知事に送る(^_^;)
    

【年末ジャンボ大当たり 10名様】
     またの名を【住民に小さなアメ】
11/24(県)吉野川第十堰の審議委員会 第2回
     「一般非公開」を改め
   次回の審議委員会から抽選で10人だけ(^_^;)一般公開することに決定
               ^^^^^^^
へぇ〜v(^。^)vと思ったら、、、まだ先があった。

【茶番劇】またの名を【土建屋に大きなアメ】
11/27(県)円藤知事 来年度予算編成で  
     予算編成で県の16の最重要事項の中に
     「細川内ダム」と「第十堰事業」を入れる

さて、「事業中止の可能性もある」と進めている徳島の審議会の構成委員は、円
藤知事が選んでいます。中止の可能性があるのに、予算は最重要事項の中に入れ
るんだね。

あ〜た達! 言ってることとやってることが違うよ!

世の中には理解できない人がたくさんいる。

まさのあつこ