TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記122(第三者機関)←  1995年 12月 9日  →ダム日記124(けっ!とわっ!)

∞∞ダム日記123(横浜スタジアム)∞∞

12月9日(土)

【頑張れ〜(^o^)/】
今日応援したいのは、相模川キャンプインシンポジウムの仲間達。
彼らは、明日12月10日、相模大堰の工事凍結を求めて、神奈川県庁をグルリ
と人々の和で、取り囲んじゃうのである。(だって、まだ市民との円卓会議をし
ている最中なのに着工してしまったんです。)

この大真面目な大行動に大参加しようという人は、「横浜スタジアム」前の横浜
公園に大集合だ!午後1時!

・・・地元のくせにあまり応援ができないのが、いつも心苦しい。でも、あっち
もこっちもとやって、疲れてしまうのは、もっと悲しいので、その辺は割り切る。
最初に出会ったのがたまたま徳島県の木頭村のダム問題であったのだ。
ちなみに、徳島からポチポチとメールが来るようになった。驚くのは、徳島には
住んでいるけれども、「どういうことが起きているのか知らないので、教えてく
ださい」という人が時々いることだ。色々な「初めの一歩」がありますね(-_-)。


神奈川に住み、神奈川の問題に気づき、改善しようとしている仲間を、心から尊
敬する。今日は、とりあえず、これだけ。

まさのあつこ

ちなみに、18日のダム日記オフ「ジングルベルベルらんらんらん」には、車雑誌
NAVIで「細川内ダム建設反対運動を追って−ガロの住む村」を連載中の矢貫隆さ
んもヽ(^。^)ノ来てくださることになりました。(まだ、定員に空きがあります
ので、おしゃべりに加わりたい方は是非どうぞ。2500円という会費はちょっと高
いですが、カルティベートルームという、あったかで落ち着けるお部屋。そこの
野口さんという女性は、それはそれは殼しい、すこやかな精神の持ち主。私の尊
敬する人です)
ところで、「矢貫さんの(書く)テーマは何ですか?」と前に大真面目で聞いた
ら「目の前に現われた面白いもの」とお答えになりました。
「面白いモノ」を愛しているだけなのに、ふと、気づくと、眉間にしわ寄せて大
真面目。矢貫さん・相模川キャンプインシンポジウムの人々・私、(と、くくっ
てはいけないのだけど・・・)「この性分、なんとかならんかな」と思っている
のは私だけ?