TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記125(ナイルの子供)←  1995年 12月 22日  →ダム日記127(大蔵省に物申す)

∞∞ダム日記126(火の車)∞∞

12月21日(木)

【親方日の丸は火の車】
日本の借金について、先日やったダム日記オフで勉強をさせていただいた。
Sさん、有難うm(_ _)m。

T「日本はダムを作っている場合じゃないんだよね」
S「だって、国家予算(75兆円)の3倍にも当たる国債を発行(240兆)してるん
ですからね」
まさの「えっ?ほんと?」
B「それじゃ、1年で何も予算を使わなくても、借金返すのに3年かかるってこ
とですね」
T「でさぁ。その借金を払うのは、私たちじゃなくて、次の世代なんだよね」

【火の丸君、借金を減らしたまえ】
そのためには、支出を抑えることだよ、君。税金をどう絞り取るか、という相談
は聞こえてくる。税金をどう使うかという相談も聞こえてくる。(住専はどう考
えても腹立つね)
しかし、どう支出を抑えるか、というのはまったく聞こえてこない。

例えば、つい先日、会計検査院に「無駄使い」を指摘された「細川内ダム」に、
大蔵省は、95年度と同額の「建設事業費4億円」、ついでに言うと、同県で、や
はり問題ありと、建設省自ら認めて「(お手盛り)審議会」をやっている吉野川
河口堰には「7億円」の予算をあっさり認めてしまった。

いいですか?4億円です。1年で、です。
木頭村は、反対しているんです。絶対反対。断固反対。ダム建設阻止条例もあり
ます。事実上、ダムは、できっこないんです。国や県が、表向きに言うように
「住民の話に耳を傾ける」のであれば。100%できっこない。できたら人非人で
す。

こんな状態で、予算を費やすのは、「無駄使い」だと、会計検査院に指摘されて
まで、まだ、1年に4億の浪費を続けるのは、一体全体、何を考えているのだ!
1年に4億ということは、1カ月3, 300万円。一週間で、800万円。土日を抜か
して1日160万円。何人の人雇っているんですか?何をさせているんですか?
何に使うんですか?できっこないダム建設に。毎日160万円。

95年度と、同額予算ってことは、今日も160万円分使ったんですね。昨日も、そ
して明日も、160万円づつ、使っていくんですね。そして29年が経った。
今日は、何に160万円使ったんですか?明日は何に使うんですか?

【景気対策はウソだ】
これも、Sさんの受け売りだ。そうじゃないかなぁ、と思っていたけど、やっぱ
り人からもそう聞くと、自信を持って、そう思えてくる。景気対策はウソだ!

需要のなくなった産業をいつまでも保護しているのは、健全でない。
バブル経済の崩壊の原因は、素人ながら、これだと思う。
土建業は、人がいて、建物に耐久年数というものがある限り、需要はある。しか
し、その需要は、確実に減っている。

その土建業者を保護するために、地球を傷つけるのは、異常だ。不健全だ。
コペルニクスの時代ならともかくも、私達は、ガリレオ以降の人間なのだ。地球
は丸く、資源には限りがある。水は資源なのだ。山や、川が恵んでくれる資源な
のだ。
山をこれ以上壊してはいけない。川をこれ以上壊してはいけない。
この単純な理論が分からないのか。

すぐに、不要なダム建設はやめるべきだ。
それよりも、国としてもっと優先させるものがある。
健全な経済社会を回復することだ。
それには、必要以上の土建業者を保護することになる「景気対策」の名の元で行
なう公共事業を即刻やめることだ。支出を抑えて、税金を安くする。
この方が、伸びる産業が伸び、衰退する産業が衰退し、健全な経済を回復するこ
とができ、国民レベルでの支出がその分増えて、市場が活気を取り戻すだろう。

悪循環は、どこからか、断たなければならない。
ダムから始めるのも悪くない。

今日は寝ます。この続きは次回。
1カ月かかりきりで、ヒーヒー言ってきた仕事がダム日記オフの次の日に終わり、
すこぶる元気を取り戻しつつある
まさのあつこ(^_^)