TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記130(来年もよろしゅ〜)←  1996年 1月 7日  →ダム日記132(かすかなる記憶)

∞∞ダム日記131(賀状余ってる?)∞∞

1996年だ!

1月7日(日)

松の内、松の内!年賀状書きに追われる週末。
めったにやらん家族サービスに明け暮れてしまった年末年始。「ダム日記オフin
大阪」ができなかったのは残念。
昨日こそは、のんびり眠ろうと思ったら、朝から電話で1時間おきに起こされ、
脳味噌が反乱。意地になって夕方の4時まで寝ましたが(^^;ゞ、最後は空腹との
戦いで、睡魔がギブアップ。いやぁ〜、平和です。

皆様、明けましておめでとうございますm(_ _)m。
それで、皆さん、年賀状余っていませんか(^^;ゞ?

えっ? 大臣に出せ? そう! するどい(^_^;)! 宛名は
−−−−−−−−−−−−−−−
〒100 千代田区永田町2-1-2-238  
武村正義殿
−−−−−−−−−−−−−−−
 内容はサラサラっと、簡単に(^_^)。
−−−−−−−−−−−−−−−
武村大蔵大臣へ   
あ はっぴぃ にゅ〜いや〜!
1996年度予算に、木頭村の細川内ダム建設事業費
予算として、4億円を承認なさったことに、
一納税者として、抗議いたします。
−−−−−−−−−−−−−−−
など気楽にいきましょう。

先日127号(大蔵省に物申す)でアップした手紙のフォームに、徳島県のいじわ
る予算のことも書き添えて、武ちゃんにお便りしましたし、他の方から、手紙を
出したよ、というご連絡もいただきましたので、この文面だけでなんのことか分
かるはずです。
どうぞよろしくm(_ _)m。

【朝日新聞(大阪)12/30を見よう!】
そうそう、パソコン通信をやっていない活動仲間の数人に、年賀状代わりに、大
臣への手紙を同封したら、「署名用紙拝受 12/30の朝日新聞で詳細は承知」と
お返事をいただいた。凄いなぁ。読む人は読んでいるのだ!
朝日(大阪本社朝刊)をとっている人(近畿西日本九州かな?)は、もしまだで
したら、12月30日付け第4面をご覧ください。

*「ダム反対」に行政圧力
  木頭村の林道補助事業 県、2年続き半減

という記事です。そこで、この問題の陰湿な性格を表わすコメントも載っていま
す。

【行政圧迫の怖さ】
日本全国のダム問題を見ている水問題研究家の嶋津先生のコメントで、この行政
圧力(補助金カットのこと)は、
>問題化させにくい面がある。
>表面化させると翌年に、もっとひどいしっぺ返しを受ける恐れがある
としています。

木頭村の先輩格、ダム反対の自治体であった奥津町(苫田ダム)等が国や県の圧
力で行政が進まなくなり、真綿で首を締められるように、ついにはダム容認に変
わらざるを得なくなった例をあげて、
>補助金制度を使って自治体を屈服させることは、
>憲法でいう地方自治の本旨に全く合わない
というコメントです。

では、本日は、これにて、宣戦布告 あ、いや(^_^;)、新年のご挨拶に代えさせ
ていただきますm(_ _)m。

余談ですが、上記の打てば響くようなお返事をくれた方は、109号(湖沼会議2)
で【オゾン層のおじさん】として登場した方で、実は、早合点や早トチリの多い
ワタクシ、その時、確認もせんと大変お恥ずかしい勘違いをしておりました。
湖沼会議のザワザワした会場で「ストップ・フロン」の事務局長というのを「ス
トックホルム」の事務局長と聞き間違ったために、世界的なグループと勝手に勘
違いしました。ごめんなさいm(_ _)m。「ストップ・フロン」は日本のグループ
です。後で間違い気づいて、顔から火が吹き出て(ヽ(*0*)/ボワッ!)年賀状でお
詫びしたのでした。

【ボランティア募集】
さて、この「ストップ・フロン」さん達も、パソコン通信による情報発信をした
いそうなのでこれを今読んでいる方で、オゾン層保全活動の手伝いに時間を割い
てみようという人がいたら、VYC00431までご連絡ください。私ができればいいの
ですけど、さすがに百手観音にはなれないんで(^_^;)。よろしくお願いしますm
(_ _)m。

まさのあつこ