TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記137(サグリと妨害)←  1996年 1月 30日  →ダム日記139(ダム日記ウェディング)

∞∞ダム日記138(佐藤さん)∞∞

1月30日(火)
今日は、木頭村の未来を考えるHP(VYC00431→KITOU95)を最近覗いた人のみぞ知
る、組織無き全国ネットワーク「チーム・ダムバスター」結成の提案を持ち出し
た「川辺川を未来に手渡す会」の佐藤さんへエールを贈ります。

SATOUさんへ
総括をなさったんですね。あれこれ手を尽くした佐藤さんの歴史が、目に易々と
浮かびました。あれこれ手を尽くして、映画に辿り着いた気持ち、悔しいほど分
かります。

>政治でかなわないのなら文化で打ち破る

その口惜しさ、無念さ、しかし、抱き続ける希望。「諦めてはいけない」って、
どこからか声が聞こえてきますもんね。あの声はどこから聞こえてくるのかな?

【世の流れの速さを実感しませんか?】
しかし、時代は確実に変わっていますね。
一世代かかるかもしれないと思っていた変化を、私は最近、自分の代(目)で見
ることができるような気がしてきました。
最初は気が遠くなり、走らなければ、走らなければと、気持ちの中で走ってばか
りでした。今は、のんびりやって行けばそれでいいのだ。壁はくずれる。甘いか
もしれませんが、そう確信しています。
私達の代で、破壊の時代は終わりです。

【パン屋と政治家】
1年前は、私、「政治家」というのは一つの「職業」だと思っていました。だか
ら丁度、パン屋さんが世界を変えることができないように、政治家も日本を変え
ることはできないものだと思っていました。
しかし、ダム問題の勉強を始めてからは違います。

政治家はしっかりしたビジョン(将来像)さへ持っていれば、日本をいい方向に
変えていくことができるということを実感しました。
国会の傍聴で、どんな人が日本を動かしているのかを見てみて、「この狸は駄目
だ」「この猿もだめだ」「この人みたいな政治家が増えたら、日本は徐々にでも
変わる」というようなことを感じました。

すると、パン屋さんでも日本は変えられる、というふうに思い始めたのです。
単に、毎日焼く食パンに「ダム反対」という焼き印を入れて売れば、感心のある
人なら、「どうしてあんたの所のパンはダム反対って書いてあるの?」と聞くで
しょう?そこから様々な人のつながりもできれば、議論もできる。すべては、如
何にメッセージをどう多くの人に伝えるかにかかっている。そんな気がします。

今まで、どうして、どれだけ運動をしても成果がなかったか?それは、一部の関
心のある人にしか、そのメッセージが伝わらなかったからです。

>人口四万の人吉市で二万五千近くの署名をたった三ヶ月で集め、
>議会に陳情しても、
>ホンの数人の業者が名を連ねただけのダム建設促進陳情と相打ちにされ廃案!

この誰が見ても大問題と思えるニュースを私が知ったのは、野田さんの書き物で
す。これにはどえらく頭に来ました。確かに、去年は大きなニュースが多かった。
しかし、このニュースも重大だ。大ニュースだ。しかし、それを国民全員が誰で
も知ることができるような形でガンガン報道してくれる所がない。皆、同じ大き
なニュースにかかりっきりで、私の知る限り、365日の内、数日でも将来の日本
のことを考え、日本をいい方向へ変えていこうという主旨で番組を作った放送局
はなかった。
ことなかれ主義のマスコミ。見た目にはまだ、そうです。でも、知る人ぞ知る。
日本をいい方向に変えていくために自分は存在するんだ、という気持ちを持った
世代、旧世代になびかない世代は、しっかり育っています。マスコミが育だつと
いうことは、世論が育つということです。

私達の世代が日本を動かす時、狸世代、そして狸世代に恨みを持つ世代の悔しさ
をも忘れるような勢いで、日本は変わっていく、という楽観、変わっていかなけ
れば間に合わない、という悲観があります。

佐藤さん。頑張りましょう。マスコミの役割も政治家の役割も大きい。でも、パ
ン屋さんは近所の奥さんの手を通して夫と子供にメッセージを伝えることができ
る。どんな職業であっても、何かできる。メッセージを偽政者に伝えること。あ
るべき日本の将来像を、自分の手に届く人に伝えること。やりましょう。カヌー
で、自転車で、ビデオで、映画で、メッセージのベクトルを延ばしましょう。続
けましょう。

私も今、原点に返って、惰性でない応援の仕方を考えている所です。
ダム日記は皆さんに応援してもらえるようになりました。
ダム日記の原点は、「木頭村を応援するための勉強」でした。
勉強がしっかりできた暁には、と考えていた目標がありました。
そろそろ、第二段階へ突入する時期がきたような気がします。

まさのあつこ

追伸:佐藤さんの作った川辺川(熊本)ビデオに興味ある人は是非見ましょう。
これは、ダム建設の手口学習ビデオまたはダムバスター養成ビデオ(?)とも言
える痛快なビデオです。建設省が何故ダムを作るのか?川辺川ダムが如何に税金
の無駄使いをするだけの無用のダムか?このままでは、人に愛されている川が死
ななければならないこと。真面目なさぶじぇくとだけど、抱腹絶倒。このビデオ
で勉強しよう!
申込みは佐藤さんVZB01703まで。