TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記141(裸のお姉さんと)←  1996年 2月 18日  →ダム日記143(ホモよ立ち上がれ)

∞∞ダム日記142(356日のマーチ)∞∞

2月17日(土)
昨日は、久しぶりに、清く正しくテンションの高い徳と業を解した人々に(なん
ちゅう形容の仕方?)会って、寝不足とオーバーヒート気味の仕事の後だったに
も関わらず、もの凄くエネジャイズされて午前様帰宅(^_^;)。

お風呂から上がり、ストーブの前で、髪をモジャモジャしていると、谷口さんか
ら電話。オフラインでの動きをあれこれ報告しあっている内に、昨日は、シミジ
ミと
谷口「この前からさぁ、すべてはつながってるねぇって話をしてたでしょ?望ん
でいたものが目の前に現われるとか。でもさぁ、考えてみると」
谷口さんの言おうとしていることが、話の流れですぐに分かった。
まさの「それは最初から目の前にあった」
谷「そう」
ま「それを感じる感受性が自分の方にできた」
谷「そうそう。今日まさのさんが会った人たちにだって、きっとちっとも刺激さ
れない人達だっているんだよ。彼らの持っているものを受けとめることのできる
下地がこの一年でできたんだね」
ま「うん。それからね。今日考えていたんだけど、外の世界へと覚醒して(目覚
めて)いくごとに、内へ内へと深く内向するようになった。外のことが分かって
くるのと平行して、今、自分はどうしてこんなことしているのかなぁって考えた
り、一体自分はどこから来て、これからどこへ行くのだろうとか」
谷「ところで、明日で、ダム日記の1周年だね。今のが一年の総括ってことにな
るのかな?」
そうらしいです。
全部自分の所に戻ってくるんですよね。自分を完璧に捨てたと思ってやっていた
のに。外へ向かって走っていったと思っていたのに。気づくと、自分が一番幸せ
になってる。これは不思議です。いやいや、申し訳ないm(_ _)m。

それから、これはとってもおかしいんだけど、最近、ダム日記の整理作業をやっ
ていて、インターネットのホームページに載せてもらうために谷口さんにも送っ
ているんですが、それに関して「いやぁ、自分で言うのも何だけど、最初の頃の
ダム日記ってためになりますよね。今はチンタラやってますけど」と自画自賛の
感想を盛らすと「うん。最初の頃にもうすべての要素が出てる」「はぁ〜、今の
調子では反省しちゃうなぁ」

それで、、、きょうは一日、窓から、雪がハラハラ落ちる風景を見ながら、レッ
ドゼッペリンの古いアルバムを聞かせてもらいながら、じっと、バックナンバー
10号分くらいを整理していたら、その10号分はめちゃめちゃ時間のない時にわっ
と書いたらしく、なんだか整理されていないので、焦ってしまったけれど、雪と
ゼッペリンの不思議な組み合わせのせいで時間が永遠にあるような気がして、御
飯を作ったり食べたり、また御飯を作ったり食べたりしていたら、やっぱり気が
しただけで、気づくとやるべきことが何もまだ終わっていないことに気づいて、
それでもまぁ、いいや!っとのんびりした気持ちなのは、昨日会った人々を私が
心から愛しているかららしい。早く、頭も行動も心も礼儀も揃った素敵な人にな
りたい。そんな目標となる人々に会える幸福は、何ものにも邪魔されない。遠い
目標。悔しいけど、嬉しい。

1995年版ダム日記、英語版を1年遅れで作り始めました。BBS「スピリット」に
だけ時々アップします。あとは、インターネットのホームページ。どなたか海の
外でインターネットに接続できるご友人がいらしたら、1、2週間した頃、宣伝
してください。
http://www.st.rim.or.jp/~flipper/dambusters/kitou95.html
もっとも、あまりの面倒くささに挫折する可能性もあると思いますが(^_^;)。

365歩のマーチの歌詞。実はとても好きです。
「3歩 歩いて 2歩 下がる」
ダム日記は、去年、3歩 あるいたら 調子に乗って10歩走ってしまった所が
ありました、整理している内に、疑問点やアイデアを置きざりにしたままである
ことに気づいたのです。
今年は、(もう、2ケ月過ぎちゃったけど、)一つづつ、とりこぼした疑問、言
い放しになっていたこと、クエスチョンマークを付けるだけで精一杯だったこと
に、落とし前を(^_^;)つけたいと(コレコレ物騒な言葉遣いを...?)考えてい
ます。
今後1年は、2歩下がります。適当にお付き合いください。

「あの子ものんびりやけど、あんたものんびりやなぁ」
というのが、相棒のお母さんのわたし評です。

うへへ。もっとのんびりするもんね。
みんな、一緒にのんびりしよう。

無責任に幸せな
まさのあつこ