TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記150(阿南市長へ)←  1996年 3月 10日  →ダム日記152(物申す人々)

∞∞ダム日記151(円藤知事へ)∞∞

3月9日(土)

【三連発 その2 円藤知事の巻】
月曜日に、「あなたは世界だ」という曲のテープを、徳島県の円藤知事へ送った。

録音した場所は、「スタジオDOG」。「スタジオDOG」とは、木頭村応援バンド
「石井ヘンドリックス」のメンバーちはるさんの自宅兼練習スタジオの名称であ
る。
「DOG」は、ちはるさんの奥さんの「犬好き」がメンバー全員に伝染してしまい、
総称してこれを「どえらい・お犬様の・群団」、つまりD・O・Gとしたわけであ
る。
さてDOGは、実は「DAG」のモジリである。これは、大阪のライブ・ミュージシャ
ン井上卓が「どえらい・阿呆な・群団」を束ねて音楽をやっていることの総称で
ある。
本当は、今回、「あなたは世界だ」と共に、「ダムの歌−木頭村ライブ(木頭村
民拍手入り)」や井上氏の美しい曲も入れようと思ったのだけど、一気に全部送
るともったいないと思える曲の数々なので、彼らのような「DOG」や「DAG」も、
木頭村のことを応援していることを再三に渡って知事に思い出してもらえるよう
に、今回は、「あなたは世界だ」だけを送ることにしたのである。
ちなみに、井上氏は、3月20日、東京東中野のKing Gee(TEL:03-3371-6199)で
ライブを行なう。そのチラシには、協力「木頭村の未来を考える会」と入ってい
るのである。がはは。わしら「零細運動家」(これは小笠原ネーチャーフォーラ
ムをやっている有川さんの言い回しである)達は、こうしてGIVE&TAKEで細々と
エールを送り合うのである。う〜。美しいではないか。

さて、円藤知事に今回送った「あなたは世界だ」は、ダム日記118(きっと変わ
る)の中で【ダム日記読者とその他諸々の人、中でも特に、ダム見直し審議会委
員の再考ができる立場にいる円藤徳島知事に捧げる歌】という小見出しの中で、
歌詞をアップした。
サワリだけ再現する。(もっと読みたい人は、FENVの8番会議室でSCAN TITLE:開
発)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪僕らが黙ってりゃダムがあちこちできて 
川がまたひとつコンクリートで死んでく
僕らが黙ってりゃ原発がまたできて 
 罪のない明日にツケがまわっていく

戦ってきたあなた 戦わなかったあなた  
あなたは世界だ あなたは世界を変えられる♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世の中って変わっていくものだ。世界を変えようと行動する人も、変わって欲し
いと願う人も、変わらないさと諦めている人も、みんなが集まって世界は構成さ
れている。だから、世界は構成人員次第なんだって。

昨日行った「飲み会」の2次会で私は言った。「あと30年頑張ったら変えられる
かも」「うーん。あと30年じゃ遅いね。このまま進めば、あと10年で日本の山河
は全滅だ。ここ5年が特にヒドイもの」でも、このままじゃいけない、と気づく
人も、加速度的に増えた。世の中は加速度的に変化している。だから一つひとつ
の行動がひどく重要な意味を持ってくる。

私は、今のままのダム審議委員会は、不毛だと思う。「審議会」は重要な意味を
持っている。だから、委員の構成を変えるべきだ。
木頭村長が主張しているように、(先日のNHK「クローズアップ現代」見た人な
ら分かりますね)委員の数を偶数(10人)にして、その半数は、地元である木頭
村長が選ばせるべきだ。県議会でおおっぴらに、ダム建設推進発言をしている知
事が選出する審議委員会は無効とするべきだ。
建設省本省が指示している内容「中止か変更か実施を検討する」とあまりにかけ
はなれてもいる。
さて、テープに添えた2つの円藤知事あてメッセージを以下に転載して、今日は
これにて(^o^)/。
尚、この曲は、徳島の放送局にも「円藤知事に聞かせたいので流してください」
とお手紙を書いて送った。放送していただけるかどうか、乞うご期待!である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
徳島県知事あてメッセージ
円藤知事様。僕が1995年につくった歌「あなたは世界だ」を贈ります。
95年は阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件、「もんじゅ」の事故と大変なこと
がたくさんありました。あなたの県の細川内ダム、吉野川第十堰のことも含めて、
若者はいろいろ考えて行動しています。僕のバンドのメンバーと井上卓さんは、
歌と演奏で表現することにして、去年の11月には木頭村でコンサートを開きま
した。
木頭村の皆さんは、農繁期にやってきたやや迷惑な若者たちに向かって、大きな
拍手を送ってくれました。逆に勇気づけられました。「お前らも頑張れ」って。
若者は、バカなようで社会を見ています。私は徳島県民ではないですが、言わせ
て下さい。徳島県の若者は円藤知事を見ています。自分達の未来を考えています。
知事も、日々「未来の徳島」を考えているんだと思いますが、そのときはどうか、
徳島の若者や徳島県民の皆さんをよく見て下さい。そうすれば、知事の行動は自
ずと決まってきます。「あなたは世界を変えられる〜♪」のです。
             ヘンドリックス石井
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
徳島県知事 円藤様

こんにちは。何度かお手紙を差し上げておりますが、「木頭村の未来を考える会」
の政野です。
今日同封しましたカセットテープのことを説明する前に、念のため「木頭村の未
来を考える会」のことをおさらいさせていただきます。
一言でいうと、ダム問題で揺れる村「木頭村」を外から応援しようという会です。
昨年2月、新聞に載った木頭村長の記事を読んだ私が、突発的にパソコン通信商
用ネット「ニフティサーブ」の掲示板で木頭村応援のための「ダム日記」を掲載
し始めたことがきっかけでした。
掲示板という得体の知れない場所に載せていた、得体の知れない日記だったにも
関わらず読み続けてくれた人を中心に、一緒にダム問題を、少しづつ、できる範
囲で勉強しようという、ゆるやかな、これと言って実態のない会ができました。
やれることをやっていこう。
得意分野で応援しよう。
そんな会です。
コンピュータに強い者が、インターネットのホームページを作ったり(昨年8月)
、自転車の好きな私がサイクリング大会を無理矢理実行してみたり(昨年11月)、
その時に音楽の好きな仲間がついでに「おじゃましますコンサート」をやってみ
たり、手伝うよ、と遠くから駆け付けてくれたり、これといって、木頭村の本当
に助けになることはできないけれど、「木頭村頑張って」という気持ちだけでも
伝えよう。そういう会があっても迷惑ではないのではないかしら、程度の会です。


さて、私達は、円藤知事がダム問題を正面から捕えて勉強すれば、木頭村に計画
のあるダムは必要ないことが分かる、いえ、たとえ、必要があるにしても、この
必要は、下流で堤防を強化したり、既存のダムにたまった土砂を処理するなどの
代替案で、解消できると分かる、と確信しています。渇水の問題は、ダムを作れ
ば解決するものではなく(だって、ダムを作れば水が湧いてくるというわけでは
ないんですから)、それよりも今ある川を手付かずで残す必要の方が遥かに大き
い時代であるということが分かるはずだ、と信じています。
ひとりひとりが真剣に考えれば、世界はいい方に変わっていく。そんな思いを込
めて、「木頭村の未来を考える会」の応援バンドである石井ヘンドリックスが
「あなたは世界だ」を作りました。
これを是非、円藤知事に聞いてもらいたいと思います。

1996年3月2日

「木頭村の未来を考える会」政野淳子