TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記172 細川内ダム/那賀川エコ・ツーリング←  1996年 6月 29日  →ダム日記174(自立してまっか?)

∞∞ダム日記173(ミャンマーと木頭村)∞∞

6月28日(金)

大人達が教えてくれなかったこと。
人は自分の気持ちに素直になり過ぎると、歪んできてしまう。
ちょっとは我慢したり、させられたり、ごめんねと思いながら我がまましたり。
素直になんかやってられない。
子供の方が大人。大人の方が子供。テキトウにやろう。それが一番の言葉。
脱線しながら昼寝しながらのんびり行こう。

アウン・サン・スーチーの事が気になって、英字新聞を買い続ける。買う度にミャ
ンマーのことが載っている。日本の新聞もテレビも載せない。載らない。(私が
見逃しているのか?)スーチーさん、元気でいて!

1990年、民主化を目指すNLD(国民民主連盟)、485議席中392議席を獲得して与
党として選ばれたが、指導者スーチー、軍事政権により軟禁。6年後の去年7月
解放。政治活動を緩やかに開始。民主化の動き強まる中、96年5月半ば、250人
余のNLDメンバー、軍事政権により逮捕。10日後に釈放。屈せずスーチー、憲法
草案を書くことを決心。軍事政府、第二の憲法を書くことを禁止する法律を成立
させる。
6月12日、NLDから2人のメンバー辞任。その前に沢山のメンバーが辞任するとい
う噂が流れる。
6月22日、スーチーの友人で、4月に逮捕されたLeo Nichols(65歳、北欧数ヶ国
とミャンマーをつなぐビジネスマン。政府の認可なしに電話とFAXを有していた
ことで投獄される)が、刑務所で脳出血により死亡、と軍事政府が発表。この情
報を裏付ける方法・・・なし。米国は、ただちに、政治的権利の行使により逮捕
された人全員を釈放するように軍事政権に求める。

・・・伝えたい。この世で初めに新聞を作った人の気持ちが分かる。

6月26日、木頭村では村議会の議長と副議長が辞任。知る人ぞ知る、議会では最
近、意見がわれることが多かった。ダム反対では一致していても、村の社会は、
まるでひとつの大きな国のように複雑だ。頑張れ木頭村!でも、のんびりと。

まさのあつこ

ノーベル平和賞受賞者スーチー。
彼女の支えは今、何だろう。What can be her support? What can be?