TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記184(遠回り)←  1996年 8月 9日  →ダム日記185(那賀川の長老の話)

∞∞ダム日記184(遠回り)∞∞

さて、今、徳島の刑務所に入れられてしまっている星野さんについて書いた(三
重苦と政治犯)とその次の(遠回り)の間に一体、どんな心境の変化があったの
ですか?というメールが来ました。お返事を書いた所、会議室にもアップしたの
で、公の場で率直に発言して欲しいとのことなので、メールで差し上げたそのも
のを誤字を直してアップします。(個人情報の部分は削除しました)名前のとこ
ろだけ一応●●にしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メール、来ると思って覚悟しておりました。まず、お詫びします。●●さんの感
情を傷つけるだろう。●●さんにも失礼になるだろう。ということを考えつつ尚、
書いたので。

心境の変化について
私が、星野さん夫婦に動かされたのは、恋物語の部分、それから日本にも政治犯
がいるのだ(そしてそのことを忘れていた自分への軽蔑と驚愕)ということへの
驚き。
物事には裏と表があって、そのことの双方を知った上で書くならいいのだけど、
片面、それもごく一部、自分の心の琴線にだけ触れたことだけで書くには、この
ことは重大過ぎる問題なのだと気づいた。それで機動修正しました。●●さんや
●●さんに失礼になるというのは分かった上で。長い人では、1年半以上もダム
日記を読み続けてくれる人に、私は全人格でぶつかっているつもりです。だから、
早く言えば、今回、●●さんは私の弱さ、軽々しさを垣間見たことになります。
そして、そのように私が受け取ったメールでユラユラしたり、気持ちの整理をす
ることもあえて隠さずに全部書かなければ、私は「自分」を全部さらけだしてい
るのですから続けることはできなかったと思います。自分の整理された部分だけ
をダム日記で出すなら、それは偶像崇拝とかにつながってしまうとすら思ってい
るのです。それでなくても私をヒーロー化する人がいます。そういう人を生まな
いためにも、あえて、いい加減な自分、無責任な自分を、出し、そうしながら、
次はもっと責任のある態度で書けるようにということを目指しています。そのた
めに、勉強もします。だから、2番目のは、
>冷静に『知識と情報の蓄積』の
>上書かれた
のではないし、
>星野さん側の意見と星野さんと反対の立場
>の側の意見を事前に聴くなりして、両論並記して書
くことが現時点ではできないので、あえて、すべてを疑問文にしたままでダム日
記上での検証を終えた(無責任に)のです。
>こう考えて、結局こう思うよ
>うになった」
ということが説明できたら良かったですが、このことに「本気」で関心のある方
はメールで疑問をぶつけてきてくださるだろうということは、予想していました
ので、推定300人〜500の読者すべてに細かに説明すべきではないと思いました。
(私がいただいたメールをそのまま転載させていただこうかということも考えた
のですが、その内容を消化できずに、誤解する人も現われるだろうことも予想で
きたので。)
正直いって、スーチーさんの件にしても、星野さんの件にしても、小川町の件に
しても、時間をかけて取り組みたいことに遭遇するたび、苦しいです。だから、
書くことを商売にすれば、もっと時間を割けるかもしれない、と思って、その方
向を模索しています。星野さんの件は、私の中では今、始まったばかりです。そ
して、まだ何も行動を起こしていない以上、この件に関して皆にえらそうに話す
ことは慎むべきだ。それこそ星野さん夫婦に失礼になる、というのが本心です。

メールをくれたのは、私の友人です。彼は大切なテーマに関して無責任な言論を
始めた私を怒っているのです。決して内容に関しての反論とか、そういう種類の
ものではありません。

>ほとんど一切の責任も取らず発言できるということは、
>非常に危険な側面
はい。
>『感情だけが先走って』『知識や情報の蓄積なしに』『不用意
>にかつ無責任に』、書いたと思えてならないのです。
その通りです。頭に浮かんだこと(整理されていない状態)というのはそういう
意味です。そして、それこそが「自分の頭で考えよう」ということ、私はこれか
ら考えるつもり、読んでくれている人にも材料を提示させてもらう意味で、贔屓
目も偏見もなしに(なさすぎて反感を買うだろうということも予想した上で)書
いたのですが、その辺のことがうまく表現できなかったのです。ごめんなさい。
ダム日記を書いていると、私に常に「正しい答え」を求めてくる人がいます。で
も答えられることは答えていますが、自分の能力を越えている時は、逆に自問し
ていることそのものを書くこともまた正直な部分だと思っています。この部分に
おいて、一番「日記」らしいといえば言えます。
私は「完全」な人格を持とうとか、自分をよく見せようとか思っていません。そ
んなことをしていたらダム日記はもう終わっていたと思います。
そうじゃなくて、自分だけ偉くなった後の姿を見せたり、完璧な答えを出してい
くのではなく、それこそ、●●さんがメールをくださったように、双方向性で、
互いに勉強できて成長できたらいいな、と思っているのです。社会は自分だけで
は変えられませんから。自分は時々間違って叱られるくらいで丁度いいし、それ
で当たり前だし、どれだけその人が真剣に、読んでくれているか、その物事に対
して考えていらっしゃる人か、分かって、いつも感謝してしまいます。(感謝で
終わっていてはいけないのですが。ちゃんと勉強しなくては)それで、半年後で
も、1年後でも、私の中だけではなく、今回のダム日記を読んでくれた人が、反
感をもったり、共感してくれたことをきっかけに、答えに少しづつ、みんなで近
付けたらいいのだと思います。だから尚更、私は答えを見せるのばかりでなく、
疑問文を出していくということももっと必要なのかもしれない、と今、書きなが
ら思いました。

最後にもう一言だけ。癒されなければならない人が星野さん以外(死んでしまっ
た機動隊員の家族)にもいる、ということに気づかなかった自分に愕然としたの
が、「心境の変化」の根本です。
物語なら星野さんだけを応援すればいい話。でも現実には、星野さんがいつか自
由の身になる可能性があるなら、なんの可能性もなくとざされた家族の気持ちは、
誰が応援するのか、彼らは彼らで泣き寝入り。しかし、それが息子の選んだ人生
であれば・・・と、延々悶々と、いつかきちんと星野さん、暁子さん、それにご
家族に会いにいける日が来るまでは、心の片隅で、考えることになると思います。

では、これからでかけなければならないので。取り急ぎ。
まさの。
本当に真剣に怒ってくださってありがとう。これからも、よろしくお願いします。

ちなみに、ダム日記の最低ラインは、「木頭村に迷惑をかけないこと」です。そ
れ以外では、いろいろ、こけていると思います(^_^;)。これからもこけます(^_^;)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
それからさらに、「木頭村に迷惑をかけない以外は、例えば、星野さんのことは
傷つけていいのですか?」という質問が再度ありました。決してそうではありま
せん。これだけは誓っていいます。今は、それ以上を言っても以下を言っても実
質的な意味は何ももたないだろうと思いますので、これにて。
まさの