TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記186(心の肥)←  1996年 8月 12日  →ダム日記187 審議委員会11(お盆前)

∞∞ダム日記187(海と環境とパパス)∞∞

8月11日(日)
泳ぎに行った。夕方。昼寝した。波が高くて気持ちよかった。

【THIS IS 読売】
9月号(現在発売中)、日本自然保護協会と水資源公団とのダムに関する会談が
載っているそうです。

【ビーパル】
9月号(現在発売中)には、先日徳島でお会いして話を伺った方と、イヌワシ保
護に関わっている私の師匠の一人(勝手に見習っている)が出ています。

さて、本題〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【環境アセスの素】
8月8日(木)、「中央環境審議会」の傍聴に行った。総理大臣から「環境アセ
ス」に関して諮問を受けたという奴で、その日は、民間団体が、審議会のメンバー
の前で10分づつ意見を述べ、5分づつ質問を受けた。原稿を某読みをしているだ
けの団体もいて、時々ウトウトしてしまった。

意見を述べた団体は、「NO2・酸性雨全国一斉測定実行委員会」「公害・地球環
境問題懇談会」「市民運動全国センター」「市民フォーラム2001環境法政プロジェ
クト」「世界自然保護基金日本委員会」「石炭火力発電所の環境影響に関する研
究会」「全日本海員」「道路公害反対運動全国連絡会」「日本科学者会議公害環
境問題研究委員会」「日本環境アセスメント協会」「日本生態系協会」「日本野
鳥の会」の12団体。
途中で帰ってしまう審議会メンバーもいて、空席も一杯あって、「変だなぁ」と
思って、後で何人かの人に聞いたら、あんなものは適当に出て適当に帰るくらい
に理解されているらしい。
こんな実体だったとは! 諮問などする前に、政治家は「選ばれた責任」におい
て、国や地球の未来を左右する政策くらい、自分でも少しは勉強しなければなら
んのじゃないか?
眠っておいて文句を言うのもなんだが、諮問という制度は、その是非が問われて
もいいんじゃないかと思う。

【気になったことの一例】
「公害・地球環境問題懇談会」の人が、環境アセスに関して、「自治体の条例の
尊重」ということを述べる際、巻町の住民投票を例に出した。すると審議会メン
バーの中から質問が出た。「原発の場合、安全性という問題はあるかと思うが、
環境アセスということを話す時には、関係ないのではないか?」
「人間には間違いがあるという前提があれば、決して関係なくはない」という答
えが返ったが、この件はこれで終わりだった。

【勉強になったこと】
「住民参加」や「情報公開」「事業における代替案の確保」など正論が続く中で、
自分が深く関わっている分野からのフィードバック(教育)的な意見がとても勉
強になった。
「全日本海員組合」からは、海洋投棄に関し、「規制だけは強くなったが、最終
処分体制が明確でないから、陸上のどこかで放置されているのではないか。瀬戸
内海の『豊島(てしま)』の二の舞にならないようにしてもらいたい」という問
題の提起があった(豊島は、有害な廃棄物が投棄されて大問題になっている)。
「石炭火力発電所の環境影響に関する研究会」は、温暖化防止計画を破綻させる
大きな要因として、石炭火力発電所のアセスメント基準を厳しくする必要がある
と訴えた。これには、審議会のメンバーから、個別の小さな問題ではなく日本全
体の大きな捉え方をした方がいいのではないか、という質問があった。これに対
して、「個別の問題ではあっても、日本政府は、国連気候変動枠組条約を受け、
環境庁報告書では、2000年までにCO2排出総量の3%増を予想しているが、電源設
備目標を見れば、14.1%増となり、巨大な規模で進んでいる石炭火力発電所建設
事業(日本全体で59基)計画によれば、18.5%増となるので、重大な問題なのだ」
と毅然と返答していた。

さて、おまけ(^.^)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【日本のダムのページ】
インターネット上に、今度、新しく「日本のダムのページ」がオープンした。某
新聞社の人にその成り立ちの話していたら、1時間後、秋葉原から電話をかけて
きて言った。「で、パソコン通信を始めるには、何と何を買ったらいいですかね?
」

その人がおもしろがってくれたのは、パソコン通信上で知り合った大勢の仲間の
思い付きや実行力が結集してできたこともさることながら、建設省の情報が市民
の手から気軽に公開されるようになったということもさることながら、そういう
新しいメディアを新聞の方が追いかけて書くようになったということ、そして、
不特定多数の人に限定しない情報が手元に送られる新聞の価値はもちろん依然と
してある上で、パソコン通信というメディアで、関心の高い人が、限定されたテー
マで情報を交換、入手するようになったこと。「鈍い僕でもこんなに聞いている
だけで面白いなぁと思うんですから、やっている人はさぞかしでしょう」と。

「日本のダムのページ」アドレスは、http://www.na.rim.or.jp/~donpapas/ 
「日本のダム計画一覧」「ダム頑張れダムバスターズ」「建設省のコーナー」な
どのコーナーがあります。インターネットはやっていないけど自分達の「ダム要
らない運動」の情報も載せて!という人は、1600字程度で活動内容やダム事業の
概要などを、QZK06670 ドン・パパスさんまで。インターネットで読んだ人が直
接連絡を取れる活動主体の連絡先も必ず入れてください。
この件で取材を希望される方がもしいらっしゃれば、それもドン・パパスさんま
で(^.^)。

【ドン・パパスさんとは?】名古屋にお住まい。「木頭村(日本)の未来を考え
るHP」(GO HP→VYC00431→KITOU95)にて、鳥取のあるぽさんが「日本のダム問
題を取り揃えたホームページができるといいなぁ」と言い出したのに対して、
「ふっふっふ。私がやりましょう!」と即実行に移した熱血ダムバスター!

長くなっちゃいましたが、どなたさまもよい夏休みを!

まさのあつこ