TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記187 審議委員会11(お盆前)←  1996年 8月 16日  →ダム日記189(コズエチャンとの約束)

∞∞ダム日記188(アンテナ)∞∞

8月15日(木)

さっき、ベランダで、蚊にさされながら、ココナッツの実と金槌で格闘した。用
事のついでに中華街で買って歩き飲みした丸ごとのココナッツの殻なのだが、殻
とは「実」なので、食いしんぼうの私は最後まで食べたい。それで、持って帰っ
てきた。
あとは、ココナッツムースの作り方を書いたメモを探すだけ。
どこにしまったっけ(。_゚)?
        
          〜    〜    〜
さて、徳島水郷水都で発表のあった木頭村の「立ち木トラスト」のことを今すぐ
にお伝えしたいのですが、今日、もう一回だけ、寄り道をさせてくださいm(_ _)
m。

先日、徳島の刑務所に無期刑で捕らえられている星野文昭さんについて、2回書
きました。2回目は、1回目にこの話を事実や背景をしっかり検証せずに感傷と
驚愕だけで書いてしまったのはあまりにも軽率だったという反省と、これから考
えていかねばならない自分自身へ疑問文を提示して、ダム日記上での言及に終止
符を打ったつもりでした。

あれから約10日間。私が無関心でいたこの時代(小学校低学年(^_^;)←言い訳)
のことが、私のアンテナにも引っ掛かるようになってきました。私同様、こうし
た問題に疎かった方はいかがですか? 

それと平行して、「徳島・星野文昭さんを救う会」周辺の人から、まずは「言論
の責任」を問われ、次に、この問題により深く関わっている人と、やり取りを行
ないました。そのやり取りは、次のような思慮深いお手紙で始まりました。

『このような形で紹介してくださったこと、まさのさんが感じたことそれ自体を、
どのようにしたら大切にできるだろうか、と考えています。最初の発言に対して
のコメントがきて、大きく動揺され、自分の揺れを素直に書いたことに対して、
再度「責任」を問われるということに直面して追い詰められた気持ちで、すごさ
れているのではありませんか。出会ったことの重さや大きさが、貴方にとって負
担であることとして、このまま処理されることこそ、私たちの本意でないと考え
ます。』 

そして、私が今は取り組みきれないこの問題に、出口を用意してくださいました。


『そもそも考える材料をきちんとお渡しできなかったことが、貴方に負わせてし
まったことの大きさではないかと、徳島の人たちは心配しています。もし、よろ
しければ、以下の連絡先を載せていただけませんか。・・・貴方がどう揺れよう
とも、感じた、受け取ったものには変わりなく、またそのようなことを中心に据
えて今生きている人もいる、と知ってもらえたことは、本当はとても大事なこと
だと思っています。・・・・暑い日が続きますが、どうかご自愛ください。』

それで、手紙をくださった方が私に託してくださったメッセージと連絡先は以下
の通り。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 星野文昭さんのことで、何か意見のある人や詳しく知りたいひと、
また反論も含めて、討論の土俵を徳島の星野文昭さんを救う会の方に
移しませんか。

 連絡先  徳島・星野文昭さんを救う会
      徳島県海部郡日和佐町日和佐浦35ー1
      電話・ファックス08847ー7ー0888
                   戎野浩史
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分が蒔いた種を移植させていただくような格好になりましたが、ホッと肩の荷
が降りた気持ちです。でも、今度のことで、私の頭にもアンテナだけは立ちまし
た(^.^)。

まさのあつこ