TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記194(環境アセスへの意見)←  1996年 9月 12日  →ダム日記195(ビラ)

∞∞ダム日記194(助役が自殺)∞∞

9月12日(木)

藤田助役が死んでしまった。夕べ首をつって。(念のため、藤田村長とは違いま
す)
そのニュースは最初、電話線を通じて入ってきた。
「藤田助役が自殺なさいました」
そして、今朝送ってもらった新聞。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「木頭村助役が自殺 ダム抜き振興策で心労か」
11日午後11時25分ごろ、那賀郡木頭村西宇の同村助役藤田堅太郎さん(61)が自
宅の納屋で首をつって死んでいる、と役場職員から110番通報があった。
鷲敷署では、自殺とみて詳しく調べている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

木頭ヘルシックを巡って妨害工作があった。それは、村の外に住む者に取っては
理解のできない、実体の見えにくいもので、やっと夕べ、何が起きているのかを
村民の人に電話して聞いた所だった。

今日、仕事から帰ってきたら、その内容をご報告したいと思います。

しかし、その話を聞いていて尚、藤田さんの死は信じられない。
本当に自殺ですか?他のことは考えられませんか?
そう聞きながら、他のこと、とは、殺人しかありえないのだった。

この前の前、木頭村のガロの会の川原掃除に遅刻参加した時、お会いしたのが最
後になった。打ち上げで、木頭村の川原に座って、あまごの石焼きの番をしなが
ら最後までニコニコしながら箸で突いていた。あの藤田助役に合掌。

まさのあつこ