TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記208(加速度FENVから)←  1996年 10月 23日  →ダム日記210(調査結果目次等)

∞∞ダム日記209(選挙運動)∞∞

10月22日(火)

選挙結果に相棒が怒っている。顔をゆがめながら泣きそうになりながら怒ってい
た。
相棒が怒ってくれていたので、私の怒りはそがれてサバサバしてしまった。怒っ
てもしかたがない。結果は出てしまった。
愛する友達トガちゃんのボス高見裕一議員が落ちてしまった。神奈川県の環境派
議員小泉しんいち議員が落ちてしまった。怒りを通り越してお腹がヘラヘラした。

公職選挙法にひっかかって逆に迷惑がかかると困ると思って日記で彼らを応援す
ることを遠慮したのを後悔した。裏メールででも出すべきだった。

選挙にからむことは、精神的に抵抗があったが、しかし、やはり選挙とはそうい
うものなのだ。国に対して主張したい何かがある時、選挙運動もやらなければ、
本当の市民運動とは言えないのかもしれない。そんなことを相棒の怒りを見なが
ら漠然と思った。目覚めても目覚めても夢の中。これが社会と私の関係なのかも
しれない。

社民も民主もさきがけも新進も自民なんかと連立組まずに、野党として議員立法
を出し、共産党も一緒に是々非々でやればいい、私がそういうと、「すると、新
進党で自民に鞍替えする奴が出てくるよ」という。「うっそ〜!何それ!」新進
で当選した奴が勝ち馬に乗る。下品な国だ。

いっそのこと、目覚めなければよかった。騙されたまま気づかない愚かな国民の
まま。。。と思うことが時々ある。

さて、今日は、法務省人権擁護局に電話をして、明後日24日に人権侵害に関する
報告を持参する旨を伝えた。法務省放送記者クラブと建設省記者クラブにも連絡
をした。
ダム事業と人権侵害について記者の方々にも認識を深めてもらいたいので、是非
報告させてくれと言った。内容を聞いた後、どちらも資料配付のみということに
なった。

今、記者クラブはバタバタしているらしい。当然か・・・。

まさのあつこ