TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記217(リコール)←  1996年 11月 9日  →ダム日記219(RICE CAKE)

∞∞ダム日記218(行政圧迫推薦図書)∞∞
11月8日(金)

「河川局開発課の方達と、意見交換会を持ってくれませんか?すみません。今、
これ思い付きで言っているんですけど、でも、せめて、開発課の人が、人権擁護
局の人と会って話をするだけでも、そういう視点があるのだな、ということを知っ
てもらえると思うんです」
10月24日、人権擁護局のソファに座って、私は、「官僚」というには余りに「若
い」二人に向かって話をしていた。どんな反応を得たか、これから気長にお誘い
するつもりなので、ここでは言わない。
局で面白かった反応の一つは、最初に「今日は取材ですか?」と言われたこと。
「は?今日はまず、電話で言いましたように、調査と言うには拙いですが、一応
呼びかけまして、一週間で集まったものをまとめて来ましたので、そのご報告に
来ました」と言いながら、フ〜ム、ダム日記はメディア扱いされるのか(^_^;?、
と思った。
それはそれでいいが。でも、結局こうして書いているから、やっぱり取材か?

私が「個人として」疑問に思ったことを聞いて、「うん、これは皆に知らせねば」
と思ったことについて「書いてもいいですか?」と聞いて、急に態度がヨソヨソ
しく変わってしまう官僚さんが中にはいる(とっても親切に答えてくれる人でも)
。「単なる個人」と「記者」の違いはなんだろう。その時は、ずいぶん、考え込
んでしまった。

私は、今の所、ジャーナリストではない。
某雑誌に頼まれて「小川町」のことを記事にしたのと、やはり「やってみません
か?」と言われて、某雑誌に短い書評なるものを9月から月一回書かせてもらう
ようになった以外は、お金をもらったことがない。(もっとも、「愛情」や「応
援」、「情報」など、お金以上のものを沢山(^。^)もらったが)
相棒は私のことをフリー(無料)ジャーナリストと呼ぶ(畜生め(=_=;)。
だけど、どうせ「嫌な顏」をされ、「手順」を要求されるなら、ほんまにジャー
ナリストになろうかいな、という気になってきた(^<>^)アッケラカン。実はそういうこ
とをこれまで考えないではなかったが、あれが駄目押しの一手だったような気が
する。

情報提供ばっかりして、「木頭村のことを書いてもらうこと」、やがて各地で、
血を吐き、反吐を吐く思いをしている「ダムバスターズ」のことを書いてもらお
うと、セッセと、時間とエネルギーを使ってきたが、「そうだ!自分が書けばい
いんだ!」とやっと気づいた(考えてみるとニブイよね)。ダム日記で始めたか
ら、愛着が沸いてしまって、こだわって、「ダム日記」を自費出版しょーかいな、
と考えたりしていたけど、そう、そう、本じゃなくたって「ダム日記」じゃなく
たっていいじゃないか、というわけで、私は、最近、今の職を辞めて、「来年か
らジャーナリスト」になる!と周囲に宣言をし始めた。誰も本気にしていない(^
_^;)。やれ!やれ!と煽ったりもしない。

「なるっつぅてなれるもんじゃないと思うけどなぁ。難しいだろうなぁ」
そうだね。家のローンもあるし、キツイだろうね。でも、私の中で、「難しい」
というのは、答えではないのだ。「難しい」で止めていては、エベレストは今で
も未踏の地だったに違いない。素人として、エベレストに登るべく頑張れば、箱
根の山くらいは登れるかもしれない(^_^;)。

「個人」として木頭村を応援する私と、「ジャーナリスト」としての自分をどう
区別していくのか、とかしっかり考えておくべきカナ、と私が鼻息荒く大真面目
顏で言うと、私に輪をかけて楽観的かつ、現実的でもある相棒が、苦笑いしなが
ら、「そーゆーのはさ、ウーちゃん、実現したら考えればいいんじゃない(^^)ニマ
ニマ?」というので、それもそうだと思って、そういうことは後回しにすることに
した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、「第一回ダム事業関連人権侵害調査報告」も、いよいよ後半です。
5ページ目の、
(5)岡山県苫田ダム計画・・・行政圧迫、不公平な補償金、嫌がらせ事例
については、手帖舎(TEL:086-225-4849)が出版した「ダムとたたかう町」(編
 苫田ダム阻止写真集刊行委員会)の14ページから17ページの要所をコピーして
提出しました。
この写真集は、「苫田ダムは理にかなうか」「法にかなうか」「情にかなうか」
という問題提起から始まり、1957年、奥津町民が新聞記事でダム建設計画を知ら
されてから、1993年に至るまでの反対運動の現実の姿が、詳しく文章と写真、年
表によって描かれています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まりさん、ビデオと本の提供ありがとうございました(ビデオ今度返送しますね。
借りっ放しでごめんなさい。私信で失礼>ALL)。

まさのあつこ