TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記226(人脈爆発)←  1996年 11月 28日  →ダム日記228(プレッシャー)

∞∞ダム日記227(人権続き)∞∞

11月27日(水)
先週末、「徳山ダム建設中止を求める会」の案内で、岐阜県の徳山ダムの水没地
に行った。今は吸収合併されてしまった旧徳山村は、美しい谷にあった。

以下は、途中で頓挫していた「ダム事業関連人権侵害調査報告」の続きです。世
界中で色々な人が色々な活動をしていますね。情報の提供感謝します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(7)
サバイバルインターナショナル
プレス リリース
1996年7月12日

ブラジル:インディオを脅かす政府の裏切り行為

サバイバルは、ブラジルの法務省が8つの先住民族の領地の境界線を修正する予
定をしているという新情報を得ました。しかし、FUNAI(連邦インディオ局)の
局長は、この インディオの土地への新たなる脅威と、法令1775(今年1月
にカルドゾ大統領によっ て署名された法律で、入植者、森林伐採者、金採掘業
者などのほか、インディオの領地 に入植し、開拓したい者は誰にでも、インディ
オの土地の境界確定に異議を申したてる 許可を与えるというもの)との関係を
否定しました。サバイバルとブラジルの先住民族 組織は、土地窃盗、侵略、不
法占領、インディオに対する暴力を承認するこの法令17 75を、インディオ
の土地の権利について後退であり、大きな妨げとなるものであると 強く非難し
ています。

脅威にさらされている先住民族の地域は、アマゾナスのエバレとスルイニーマリ
エンネ、ロライマのラポサ/セラ・ド・ソル、パラのバウとアピテレワ、マト・
グロッソ・ ド・スルのセテ・チェロス、アクレのカンパ・ド・リオ・エンビラ、
そしてマランハオン (カラジャス鉄鉱石プロジェクトによって、すでにインディ
オの土地が荒廃している地 区)のクリカティです。

『修正』は、カルドゾ政権に好都合な、体のいいインディオの領地減らしです。
199 1年に、コロル前大統領は、全てのインディオの土地に対して正式な境
界を確定する法律 に署名しました。その法律の施行も、採掘業者や入植者によ
る暴力や、官僚の遅延や、 特に土地所有者や政治家など、有力な利権を持つ者
による抵抗などによって、あやぶま れています。しかしそんな中でも、サバイ
バルが20年以上もキャンペーンを繰り広げ てきたヤノマミ特別地区制定など、
少しは前進しました。

数カ国の外国政府と非政府組織は、インディオの土地の境界確定のために相当額
の資金 を投入してきました。1980年以来、例えばティクナの人々は、イン
ディオの地区の 境界確定のために力を結集してきました。その中で一番大きい
地区は、546,000ヘクタ ールのエバレ1ですが、現在脅威にさらされています。
エバレ1で暮らしている12,000人 のティクナの人々は、今は自分たちの行く末
を心配しながら生活しているのです。エバ レ1の人々の土地は1992年のリ
オ・アースサミットの後、オーストリアからの資金 によって、境界確定がなさ
れました。

同じく、クリカティ地区は、サルネイ前大統領とその娘ロゼアネ、マランハオン
知事を 含む地元の政治家から強い圧力を受け続けています。あるインディオが
こう言っていま す。「私たちの土地は、サルネイ前大統領とその娘にコネのあ
る、地元の政治家に援助 された入植者に侵略されている。私たちの土地には巨
大な牧場が作られて、今ではすっ かり広大な牧草地に変えられてしまったんだ。
私たちは、柵の中に入れられている。川 も、魚も、狩りの獲物もない。森すら
も残されてないんだ。自分たちの土地はどんどん 小さくされて、村に取り囲ま
れてしまっている。勇気をだしてずっと離れたところに畑 を作りに行く者は、
殺されるんだ。最近マノエル・メンデス・グアジャジャラに起こっ たようにね」


スルイニーマリエネ地区とカンパ地区は、アマゾン・パイロット・プランに出資
をした、G7/世界銀行からの拠出金で境界確定されることになっています。『修
正』された 多くの他の地区では、もうすでに暴力と抑圧が頻繁に起こっていま
す。ブラジル北部、 ロライマの先住民族地域であるラポサ/セラ・ド・ソルでは、
マクシ・インディオたち が、冷淡な州政府に支援された牧場経営者や金採掘業
者による、絶え間ない暴力に直面 しています。1995年1月には、州政府は、
マクシ・インディオたちが、彼らの土地 に違法なダムが建設されるのを防ごう
と設営したキャンプに、50人の憲兵隊と兵士7 人を送り込みました。南西部
のセテ・チェロスは、サティンというアグロ・インダスト リーの企業によって、
最高裁訴訟を起こされました。この訴訟によって、セテ・チェロ ス地区に住む
グアラニ・インディオは、ほとんどの土地を奪われてしまう恐れがありま す。
他のグアラニの地域では、彼らの土地への侵入が続くならば集団自殺をすると、
イ ンディオたちは宣言しています。

法令1775は、1991年の境界確定法をひどく侵害していますし、インディ
オの元来の土地への権利を認めたブラジルの憲法にも違反しています。サバイバ
ルとCAPOIB (ブラジル・アマゾンインディオ連絡会議)は、その法令の可決以
来、土地侵略、イン ディオへの脅迫が劇的に増加したことをすでに証明してい
ます。

FUNAIの局長は否定していますが、ブラジルの先住民族組織は、法令1775と
前政権 に是認された境界の『修正』との明らかな関係に気づいています。カル
ドゾ政権の法務大 臣であるネルソン・ジョビムは、『修正』を是認した人です
が、法令1775の立案者 でもあるのです。彼は、先住民族の土地の権利を犠
牲にして、ブラジル経済の開放を強 調しています。

サバイバルは、ブラジルの先住民組織と共に、まだ境界確定を待っている143
の先住民族の地区をいまも危機におとしいれる“インディオのテリトリーの『修
正』”を非難 し、法令1775の廃止を訴えています。そしてまた、ブラジル
先住民族の土地と命へ の最新の脅威に対して、インディオの土地の境界確定に
出資した各政府が強く抗議する ことを要求します。

詳しい情報をお知りになりたい方は、エイダン・ランキンまでお電話下さい。

           TEL (イギリス)0171-242-1441

             (翻訳:山川雅永子)
連絡先
岡山:真実一美 :岡山市松浜町16-20              エ086-265-1495
福井:小野寺和彦:福井県丹生郡清水町田尻栃谷14-1 エ0776-98-3805
東京:森本和男 :千葉市稲毛区轟町1-7-36 藤荘102 エ043-254-3579
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まさのあつこ
P.S. ところで、FENVでついにリンクの言葉に「細川内ダム&ダム日記」と付く
ようになってしまった。申し訳ない。ブラジルのことをアップしようが、とにか
く広く理解を深めることが、木頭村の状況をより良く理解してもらえるようにな
ると信じて疑わない私でありました。