TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記239(朗報は続く)←  1996年 12月 23日  →ダム日記241(忘年会休暇)

∞∞ダム日記240(銀杏)∞∞

12月22日(日)
相棒と自宅で過ごす週末は一カ月ぶり(^_^;)。
週末ごと、一緒あるいは別々に、西へ東へと飛び回っていた。先週は「あんたが
飛び回ってお父ちゃんも大変だな」と前環境庁長官にビールを注がれ、高知県の
「のれそれ」さんからは、家庭が一番じゃきに、とメールをもらってしまった。

−− ちと、コマーシャル−−のれそれさんは、木頭村を応援する私を応援する
コーナーをインターネットのホームページに作ってくれました。これは、同時に
もちろん木頭村紹介ページになっているので、見られる方は、是非見てみてくだ
さい!
木頭村の雪景色が素敵です。さすがご近所(と言っても結構遠いでせう?)。
http://www2b.meshnet.or.jp/~Noresore/−− コマーシャルおしまい−−

昨日は、それで久々に二人でごちそうを作った。私はセカセカと勢いで作るタイ
プ。相棒はトロトロと丁寧にやるタイプ。私が三品作る間に、銀杏の殻割り及び
殻剥きに徹してもらった。「銀杏むくやつさぁ、トンカチかハサミくらいしかな
いからよろしくネ〜」「ふんじゃ、トンカチかなぁ(ゴソゴソゴソ)これだ。あ
と、まないた(ゴソゴソゴソ)よし。いくぞ。(どん、どん、ぐちゃ!)あっ(*
_*)。つぶしちゃった」
後ろ向いて料理中の私「ま、多少はしょうがないね(^^) 」
相棒「うむ。(どん、どん、カサッ!)ほっ(^。^;)(どん、どん、ぐぅわ!)
あっ(*_*)!(どん、バキッ)(*o*)(どん、どん、どんっ)あれ(゚_゚)?(どん、
ぐちゃっ!)ぎゃっ!」
私「ど、どんな具合(=_=;?あ〜〜〜〜っ。私にさせてごらん。ハサミでこう(
バスっ!)あっ!」
相「殻ごと切ってどないすんねん!」
・・・というわけで、どんな銀杏が食卓に並んだか、ご想像に任せます(^_^;)。

ところで、細川内ダムへの予算が「建設事業費」から「実施計画調査費」に格下
げになったことに対して、建設省は「細川内ダムが必要という認識は変わらない」
とコメントしたそうだ。(やれやれ。審議委員会で判断させるんじゃなかったの
かね?建ちゃん?)

同じ徳島の第十堰(吉野川河口堰プロジェクト)には、今年までに計38億円の予
算がつき、今年も建設事業費7億円がついたそうだ。ダム審議委員会で、審議し
ている最中なのに。

【ほんとにダム審議委員会って何?】
審議委員会が設置されていないダムは4つも勝手に中止になるし。「やっぱり、
審議委員会で決めるんじゃなくて、建ちゃんの勝手なさじ加減で、中止も実施も
決まるのね」って皆言ってるよ。

【えげつない事件】
ちなみに、この第十堰のダム審議委員会では、先日、意見書に関して、えげつな
い事件があった。公聴会のための意見書を公募したのですが、市民団体である
「県民の会」がアンケートをしたときには、河口堰建設「賛成」意見は7%しか
いなかったのに、今回は、236通中7割が賛成だったと「審議委員会」が発表し
たのです。
この「7%と70%」の開きを不信に思った大学の先生が(当たり前だよね)、公
開を希望した意見書を調べてみると、なんと「賛成」の意見書の中に、全く同じ
筆跡でかかれた意見書が3通あることが分かった。また、別の5通の賛成の意見
書は、同じ用紙に同じ内容が書かれていた。

公開を希望した意見書は141通で、賛成が56%、反対が43%、不明1%だったので、
「7割賛成」という発表された比率で計算をすると、非公開の意見書は、9割が
「賛成」で占められることが分かった。

この残り「9割」の「非公開」の「賛成」の意見書が公正かどうか。
あなたは、どう思いますか? それに、非公開の意見書ってあり?

まさのあつこ