TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記251(岐阜の目覚め)←  1997年 1月 31日  →ダム日記253(昨日の日記)

∞∞ダム日記252(阿南市の人へ)∞∞

1月31日(金)元気な木頭村の姿を日テレでご覧になりました(^^)?

細川内ダム予算ゼロに向けて、反撃が始まった!!

【解散すべし!】
まず、「建設促進期成同盟会」の解散を求めて、徳島県内にある8つの細川内ダ
ム建設反対団体の連絡会が阿南市を訪れた。阿南市は細川内ダムができた場合の
受益者だが、工場誘致に失敗して水の新たなる需要はない。また、雨が降らなけ
ればダムがいくつあっても無用の長物であることも一番よく分かっているはずの
那賀川下流の市だ。
解散の陳情書のあて名は、促進期成同盟会の阿南市長です。

【閉鎖すべし!】
次にこの「細川内ダム建設反対県連絡会」は、同じ市内にある「建設省細川内ダ
ム工事事務所」へ行って、「工事事務所」を「調査事務所」に変更しろ、木頭村
の中にある工事事務所詰所や相談連絡所を閉鎖しろ、などを求める陳情書を提出
しました。

【ダム反対決議すべし!】
また、阿南市議会議長に対しても、「ダム建設反対の決議」を求める陳情書を提
出した。阿南市議会は、現代に生きる人間としてふさわしい責任を果たさなけれ
ばならないだろう。

う〜む。素晴らしい。特に素晴らしいと思うのは、「議会」に対する陳情をやっ
たことだ。

【徳島県阿南市の人へ】
阿南市民の人々にお願いです。もし、これを読んでいたら、今からでも遅くはな
い、勇気と時間を振り絞って、何故、自分の市が細川内ダムに賛成していたのか、
その理由は正当なものだったのかを知る努力をしてください。あなたはダムの素
人かもしれないが、議員もあなたを決して越えることはない。議員は市民の代表
です。
あなたの意見を、自分のいる一番小さな単位の自治体に届けていくこと。行革も
地方自治も、そこからしか始まらないことを、これからは、ひとつひとつの事象
を通して知っていきましょう。

「建設省細川内ダム工事事務所」では、変更しろ、閉鎖しろの陳情に対し、文書
で回答するそうだ。大蔵省から出た予算は「調査費」なんだから「工事事務所」
はやっぱりまずいですもんね。事務所の良識に期待しましょう(^^)。
......ま、もっとも、反対団体からの陳情には、その「調査」も凍結しろ、とあ
るんですがv(^^)v。

まさのあつこ

次回予告:「ダム建設はボランティアにやらせろ」の巻です(^_-)。