TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記289(河川法審議)←  1997年 5月 9日  →ダム日記291(しゃくなげ)

∞∞ダム日記290(沈)∞∞

5月9日(金)
朝。相棒が、「否決されるところを見届けに行ったら?」と言う。今日は、河川
法改正民主党案が否決される日なのだ。「そうだね。行って、傍聴席で葬送行進
曲を歌ったろか。た〜ん、た〜たた〜ん、た〜たた〜たた〜たた〜ん」

午後三時二十分。議事堂に着いたと同時に、採決が終ってしまった。踵を返して、
赤い地下鉄に乗って帰った。民主党案と共産党の修正案にそれぞれ数票。あとは
賛成多数で建設省案が通ったと聞いた。

大馬鹿をさらした4カ月。一緒に悩んでくださった方、心からアリガトウです。
力不足。戦略不足。時間不足。沢山の失敗。沢山の自己嫌悪。今日は、振り返り
たくない。

一昨日の答弁の中では、建設省の役人が、今回の法案は、河川審議委員会の答申
に盛り込まれた内容より後退していることを認めた。建設省も努力していること
を私は認める。しかしまだ足りない。だから細川内ダムは止らない。

そうそう。徳島の情報誌「あわわ」のカウント・ダウン・スクープ3月号のこと。
第1位は那賀川町の話題「えっホンマに実在したん!?伝説の町出身力士」。米
俵3俵を持ち上げる力士の話題(^^)。そのノリの16位が木頭村の話題「ダム日記」
でした(^^)。
ハガキで読者が応募した町の話題を「あわわの独断と偏見によるランキング形式
で」紹介するコーナー。「全国的にも注目を集める細川内ダム建設問題。この問
題を2年以上前からパソコン通信に流し続けているのが鎌倉在住のジャーナリス
ト・政野淳子サンだ。2年間で250回を越えたこの"ダム日記"、問題解決まで続
いていくことだろう。」と書いてくださっている。ハガキを送ってくれた方に感
謝m(_ _)m。

まさのあつこ