TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記293(パンフレット)←  1997年 5月 20日  →ダム日記295(魔の四角形)

∞∞ダム日記294(アベトン)∞∞

5月19日(月)

住んでいる所からバイクの荷台に沈座すること1時間くらいの所に、大楠山とい
う三浦半島で一番高い山がある。地図で見ると、緑色の固まりが、半島の中で一
番大きい。その南のふもとにひっそりと平坦な谷。終点に安部倉トンネルがある。
その辺の人は「アベトン」と呼んでいる。葉山方面/横須賀間をのんびりと抜け
たり抜けなかったりする人や自転車だけが通れる、地元の人や子供の庭のような
(庭というには広すぎるほどの)場所。

沢沿いにし〜んとした緑の中を、木苺や桑の実を見つけながら(ヘビ苺はマズイ
のね)、食べながら、歩いて2時間。そのアベトンを潜り抜け、そこらへんの木
にグリングリンに絡まって垂れ下がってるツルで、生まれて初めて「ターザンごっ
こ」をした。帰り道、ミツバ、雪の下、タイアザミ、うわばみ草を教えてもらっ
て、一食分だけ摘んで帰った。晩ごはんに天ぷらにして食べた。

「アベトン・フォーラム」が月一回催している自然観察会に行ったのだけど、植
物の名前を教えてくれる度に「で、それは食べられますか?」と聞いていたら、
ヘビが出てきてすかさず「食べられますよ」と言われてしまった。帰りは兎に出
くわしたので、今度は負けないように「タンパク源だっ!」と冗談で叫んだら
「あれは逃げた飼い兎だから、捕まえられるよ」と言われて、ひぇ〜。帰りは
「さようなら」の代わりに「では、ごちそうさま」と言って帰ってきたら、とて
もウケタ(^_^;)。

「アベトン・フォーラム」は、できるだけ沢山の人に、この谷を来て見て欲しい
と思っているそうだ。普通なら自分達だけのために、秘密にしておきたい場所だ
ろうに・・・。それには理由がある。沢を埋め尽て産棄物広域最終処理場を作り
(神奈川県)、谷が埋まった所で道路を建設する(横須賀市)計画があるのだそ
うだ。
次回の観察会は6月15日(日)。見に行ってあげて欲しい。
あ、問い合わせ先を.....次回書きます。

【木頭村では・・・】
今日、「木頭村をよくする会」「木頭村ダム反対同志会」「那賀川を守る会」は、
細川内ダム建設促進既成同盟会の解散を求める文書を、その会長である阿南市長
に出しに行った。その文面はとても激しい。

まさのあつこ