TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記294(アベトン)←  1997年 5月 22日  →ダム日記296(寝耳を持つ)

∞∞ダム日記295(魔の四角形)∞∞

5月22日(木)
「政・官・財・学」という分野にいる人たちの、生きている目的はなんだろう、
と思ってしまう時がある。

【19日の賛成派の動き】徳島の木頭村(きとうそん)の下流にあたる阿南市では、
細川内(ほそごうち)ダム建設を推進する「総決起集会」があった。「商工会議
所」(=財)と「細川内ダム建設促進既成同盟会」(=政)によるもの。徳島大学
工学部の端野道夫教授(=学)が基調講演し、森林整備だけでは治水・利水問題
は解決しない、ダムによる補完機能は不可欠だ、流域、県勢発展のために必要だ
など、「ダム推進の理由」を述べた。

政官財とかいうけど、学もか・・ってこんな時に思う。

【19日の反対派の動き】霞が関の建設省では、徳島の共産党委員長ら(=政)が、
同ダムの白紙撤回を求める要請を行なった。建設大臣ではなく、河川局開発課長
(=官)が出てきたそうだ。委員長は、洪水は堤防のない所で起きているという
事実、ダムは洪水を助長するという事実、工業用水は特別な渇水時以外では53.8%
の水利権しか使っていないという事実など、「ダム不要の理由」を述べた。

【諌早でアリバイ作りをしている国会議員達へ】
●諌早干拓事業が不要であることが明らかなように、
●5月23日にダム本体着工のための仮排水トンネル工事が31年ぶりに行なわれる
川辺川ダム(詳しくはNiftyserveのFENVの電子会議室12番の(川辺川>23日に
仮排水路着)に)が不要なように、
●岐阜の徳山ダムのために10年前に廃村になった所で、強制収用をちらつかせて
いるように(頼むから人の心を大切にして)、
●木頭村の細川内ダムが不要なように
足元を見れば、不要になった大規模公共事業は数多くある。アリバイがアリバイ
でないと、説得力を持たせたいなら、今すぐ、足元に無数にある時代遅れの事業
を見直しにかかってくれ。その時に、口先だけの「自然保護」を出さないで欲し
い。自然保護問題の啓蒙は、「民」でもできることなのだ。「自然より人命が大
事だ」という問題の「すり替え」をされて反論できないくらいの浅い知識をひけ
らかして欲しくない。本来の理由である「行政改革」としてやってくれ。国会議
員にしかできないことをやって欲しい。地方の団体は、情報を取るのに苦労をし
ている。要求しても要求しても、行政から情報がでてこない。「情報公開」と口
先で言う前に、「民」が「官」から情報を取るのに協力をして欲しい。そういう
窓口を設けて、「民」に向けて宣伝して欲しい。「あなたの代わりに、情報を取
ります」とサービスして欲しい。

まさのあつこ
P.S. 前回書き損なった「アベトン自然観察会」連絡先は
金田正人さん kndmst@ka2.so-net.or.jp TEL&FAX:0468-76-3446
http://www02.so-net.or.jp/~abe-tun (6月には私の感想文も出ます)