TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記306(太陽になろう!)←  1997年 6月 22日  →ダム日記309(節目)

∞∞ダム日記308(飛び出す日記)∞∞

6月21日(土)
先日、大好きな物書きの先輩(^^)に夜遅く電話をして、悩みを聞いてもらった。
半年悩んで、最後の最後まで悩んだこと。一言で言うと、なぜ書くのかってこと
かな(後で振り返ると)。「最近ジャーナリストってことにこだわってな〜い?
まさのさんらしくない、無理してるって思うよ」「文章を書く技術があって『書
く』のと、伝えたいことがあって『書く』のと、フリーでやるってことは、その
間を行ったり来たりすることじゃない?」「伝えたいっていう場合、いろいろな
手段があってよくて、私は『書く』わけよね」(おしゃべりから無断引用ごめん
なさい)
これでふっきれた。
そうだ。私には「伝えたい」ことがある。手段は選ばない。「ダム日記」で伝え
きれないことは、今後、「その時にできる形」で堂々と表していこうと思います。

レジメを「きっちり準備」してお待ちしています。天候も良くなってきたし、お
忙しいとは思いますが、是非お越しください。資料代500円いただきます。

今後、「ロビイスト養成講座」も企画中です。資料代は、講師達の交通費に充て
ることが目的です。米国で勉強してきた「組織作り」「経済的に持続可能な活動」
を、これから徐々に取り入れ、新しい「木頭村の未来を考える会」を作っていこ
うと思います。講師には、木頭村の応援やダム日記を通して広がった人脈をフル
に利用して、「現場」で苦労している人や、「ロビイスト」的活動をしている人、
「立法」「政策立案」「法律」に詳しい方々、勉強中の方々を招いて、共に学ぶ
姿勢でやっていきたいと思います。詳しくはまた。

まずは、以下の「細川内ダム白紙撤回への一歩」へ是非お越しください。

  ==============================
  セミナー 「細川内ダム白紙撤回への一歩」
  ==============================
   1997年7月5日(土) 3:00〜5:00PM

亀井建設大臣は、6月10日「細川内ダム工事事務所廃止」を発表しました。
「ダム審議委員会開催の条件に答えただけ」とも答えています。
「ダム審議委員会」とは一体なんでしょう?
これまでに設置された12のダム審議委員会を検証します。
奮ってご参加ください。

【概要】
1.細川内ダムのABC
2.亀井大臣「細川内ダム工事事務所廃止」発言後の木頭村
3.ダム審議委員会全体の経緯
4.建設省が掲げた目的「透明性」と「客観性」の検証
5..審議委員はどんな人たちか
6.代替案は検討されたか
7.データや計画の正当性は議論されたか
8.ダム審で中止の結論が出たケースがあるか、お墨付き機関か
9.「司法」と「行政」と「立法」のはざまに落ちる「公共事業見直し」
10.【ディスカッション】木頭村はダム審に出るべきか?
11.【まとめ】木頭村、徳島県、建設省、国会議員へのフィードバック

場所:環境パートナーシップオフィス会議室 TEL:03-3406-5180
渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山ガーデンフロア(地下です)
渋谷駅と表参道駅の間、徒歩8分 国連大学隣、青山学院前

主催:木頭村の未来を考える会
経緯説明:まさのあつこ
椅子の数:60脚(2:30から開場)
問い合わせ申込:e-mail:VYC00431@niftyserve
TEL:0467-48-5556 鎌倉市岡本2-2-1-510
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
よい週末を!
まさのあつこ