TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記312(ネットワークから組織へ)←  1997年 7月 6日  →ダム日記314(会計報告)

∞∞ダム日記313(木頭の鰻)∞∞

7月5日(土)
「細川内ダム白紙撤回への一歩」セミナー終了しました(^^)。
参加者、自分を入れて31名。(20人くらいかな、と予想していたので、予想よ
りずっと良かった。)ダム日記とFAXの通知で、これだけ集まってもらえたのは
上出来!
ダム日記ではお伝えできない「多量情報を一気に」お伝えする手段として、今後
も月一回ペースで開いていきたいと思います。今日のセミナーで、岐阜県藤橋村
の動き(徳山ダム系の話)、水源開発問題全国連絡会の活動、吉野川第十堰問題
への吉野川シンポジウム実行委員会の取り組みに興味をしてくれた人を、コソっ
と一人づつ見つけたので、それぞれ取り組んでいる所に縁組しようと思います。
次へとつながっていけばいいのですが。。。
・・・つながる、と言えば、佐藤謙一郎議員が参加してくださった。
「相模川キャンプインシンポジウム」のシンポジウムに行った時に、佐藤議員が
非常に問題点を心得た話をされていたので、「ご案内まで」とセミナーのチラシ
を送り、「秘書の方でもいらしてくれたらいいなぁ」と思っていた。
今朝になってご本人がいらしてくれることになったので、反射的に慌てて相模シ
ンポのワカモノ達に電話をしたら、一人は都合が悪く、一人は留守だった。「まっ
いっか。考えてみれば、彼らから来た縁だ」と安心してでかけることにした。

ちなみに佐藤謙一郎議員は、衆議院の環境委員会委員長。木頭村へは三年前に宇
佐見議員や堂本議員と行かれたそうだ。

【今日一番強く感じたこと】
ダム問題を勉強していると、日本の問題がすごくよく見えてくる。でも、木頭村
のことはまだまだ全然だ。
木頭村の田村好さんの話をちょっと聞いただけで、「あぁ、私は全然分かってな
い」と当たり前だけど確信した。「木頭村の未来を考える会」というネーミング
は失敗だよなぁ。「勝手に考えさせてもらう会」にすればよかったと思いながら
ボ〜ッとしながら帰ってきた。
田村さんが子供のころは、お金を出して買うのは「塩」と「いりこ」だけだった
そうだ。
あとで「動物性たんぱく質は?イノシシとかですか?」と聞くと、「自然保護協
会の人に怒られるけんど」とおっしゃって、「むささび」「うさぎ」「やま鳩」
「うなぎ」「たぬき」と、たくさん名前が上がった。もちろん、あまごや鱒も。
ダムに遮られて、もう「うなぎ」は海からのぼって来れないそうだ。

まさのあつこ
よし!明日とあさってに備えて寝るぞ!
火曜日まで絶対音信不通になりますm(_ _)m。
今日お越しくださった方、本当にありがとうございました。