TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記313(木頭の鰻)←  1997年 7月 9日  →ダム日記315(人を狂わせる金)

∞∞ダム日記314(会計報告)∞∞

7月8日(火)

アメリカに行ってNPO(非営利組織)を勉強して、一番うらやましいと思ったの
は、9to 5、つまりオフィスアワーに活動ができるということだ。オフィスが
あり、電話があり、デスクがあり、インターネットが好きなだけ使えて、キッチ
ンがあって、冷蔵庫があって、ソファがあって。
そう。日本で市民運動が広がらない原因一つは、たぶん、それをアフター5だけ
にやるからだ。それが仕事であってみ? 自分の能力を生かし、給料がもらえる。
社会を変革していくことができる。そんな仕事があったら、そっちの方向へ進む
人はたくさんいるではないか。能力の高い人がどんどん雪崩こむぞ。特に今の日
本。俺が変えてみせる!という人はたくさんいるはずだ。他の仕事をしている人
でも、自分の願いを叶えてくれる活動があったら、ポケットマネーで支援するこ
とは難しいことではない。
アメリカのNPOは、全部が全部ではないがうやって成り立っている。社会が
必要だと思うサービスを提供して、自信をもってそれに値する料金をもらう。そ
んな感覚だ。

【ダム審議委員会を理解してもらうこと=公的サービス】
土曜日にやった「細川内ダム白紙撤回への一歩」は、「ダム審議委員会というも
のを一人でも多くの人に理解してもらう」という公的サービス(アドボカシー活
動)を行ない、一人500円というサービス料金をいただくという考え方でやらせ
ていただきました
(内容に没頭したので、セミナーでは、そういう説明はしませんでしたが)。
そういうわけで、来てくださった方々、そして「行けないけど資料を送ってくだ
さい」と、このサービス(資料)を必要であると認めてくださった方のフィード
バックは、非常に嬉しかった。田村さんや佐藤議員が喋った部分の概略をまとめ
次第、発送します。
あと1週間くらいお待ちください。まずは会計報告です。

【「細川内ダム白紙撤回への一歩」セミナー会計報告】
収入(参加料31名分)
 ボランティア・スタッフ x 2 + 講師 x 2 =4名 0円
 入会者 6名 x 1,000=         6,000円
 参加者(参加費のみ)  21名 x 500 =  10,500円
 資料のみ購買             1,905円
                合計 18,408円
支出
 講師Aの交通費の一部         10,000円
 コピー代                500円
 通信費                2,000円
 講師B交通費全額 890 x 2 =           1,780円
 会場費                 0円
                  合計 14,280円

差し引き(ぱんぱかぱ〜ん!)    合計 4,128円
今回の成果(ぱんぱかぱ〜ん!)    入会者 6名
よその運動体への情報提供効果          4件

今後の1年間の勉強会通知を会員にハガキでやると、
50円 x 10回 x 6名=3,000円
・・・となると、残りは、 1,128円 ・・・か(^_^;)。
通知はe-mail とFAXでさせてもらおっと(^.^)。

まさのあつこ
P.S.この1、2週間、さまざまな締め切りや頼まれごとが重なって、メールへの
レスが全然書けませんでした。失礼しました。