TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記319(紙と電子)←  1997年 7月 19日  →ダム日記321(食う寝る海)

∞∞ダム日記320(新条件闘争)∞∞

7月18日(金)

【新しいスタイルの条件闘争ヽ(^<>^)ノ】
「ダム審議委員会問題」で揺れる木頭村。その後、7月10日、木頭村は徳島県
に再要望・再確認事項を提出しました。5月後半に木頭村が出した8条件のうち、
あいまいな6条件を再度、詰める形です。
●工事事務所や生活準備相談所は、看板のかけ変えではなく、完全撤退であるこ
と。
●審議委員は、環境学、社会学、民族学などの学者の中からも幅広く委員を構成
すること。
●県幹部による、審議委員会は「基本計画策定までの一つの手続き」などとした
発言に関し、今後は知事答弁と県幹部答弁に食い違いがないようにすること。
●建設省はこれまでに費やした約50億円の使途を6月10日に文書で回答したが、
水文調査など、項目別にその内容と調査結果を具体的に公開すること。生活再建
対策費の支出先、金額、年月日を公開すること。県予算の使途も同じ。
●公共事業の締め付けに関し、県は、適切に執行していると回答したが、村内業
者は「直接間接に言われた」と異口同音に不平をもらしている。村側がこれを否
定しても不信感が増大するばかりなので、業者に説明するなど何らかの方法で不
信感を払拭してほしい。国道195号線(水没予定地だからと放置されてきた)は
国道規格への改善を何年後までに完了すると約束してほしい。
●県は審議委員会の設置運営に必要な額以外の予算を国へ要求しないこと。
     〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜
ダム反対運動の「条件闘争」と言えば、賛成を前提に、どれだけの補償金をもら
うかというものだった。木頭村の条件闘争は、今までとは違う、日本で一番新し
い「条件闘争」だ。嬉しい。

【さてさて】
5月29日のダム日記299号(休憩終わり)で、徳島県と木頭村の「ダム審議委員会」
を巡る2年間の硬直状態が終わったことをお伝えして以来、小さな脳味噌を酷使
しつづけ、いささか疲れました(^_^;)。ちょっと、今、脳味噌のヒダを伸ばして
陰干ししてますf(^^;)。
あれこれメールやら郵便やら情報やら頂いています。読んでいます。有難うござ
います。礼状、お返事さぼってます。ほっぽり出していたメシの種仕事を片付け
たら致します。ごめんなさい。協力要請に関する答えは、私にできる限りにおい
てすべてYes! その後、レジメ送付希望を後からくださった方、来週送ります。
他にも希望する方いらしたらお早めに。レジメ代として図書券送って下さった方
々、受け取りましたm(_ _)m!
ダム日記のバックナンバーご希望の方、「釣りフォーラム」のたんぼりさんが、
昨年からコツコツと、ライブラリーに登録してくださっていますのでご活用くだ
さい。2年前から立ち上がっている「木頭村の未来を考える会」のホームページ
http://www.st.rim.or.jp/~flipper/dambusters/kitou95.htmlで工事中となって
いる部分もすべて、【 FFISHT(釣りフォーラム・総合館)】にゆけばあ
ります。
============================================================
 <釣りフォーラム・総合>    FFISHT
 番号 総数 登録済 最新  ライブラリ名
 *  4    56  (  52)  06/10   ■ 水  辺 ■釣り環境を巡る会議録&データ
=============================================================
っつうところらしいです。(おじゃましたことがないのがバレバレ(^_^;?)))

【王子製紙その後】
6月27日で書いた王子製紙の大問題に関して。その日のうちに、シャチョ〜宛て
に手紙書きました。勿論、なしのつぶて。計算内です。女はしぶといですからね、
それくらいでは諦めません。どなたさまも、いい週末を!

まさのあつこ