TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記323(祖父の言葉II)←  1997年 8月 1日  →ダム日記325(川のほとり)

∞∞ダム日記324(ロックン・ローラー)∞∞

8月1日(金)

一昨日、岩手から南部風鈴をチリリンと下げて帰ってきた。私を迎えたものは、
相棒が新しく買った忌野清志郎のCD「グルーヴィン・タイム」(東芝EMI)だっ
た。「この曲、なんか村長みたいやで!」というので聞いてみると、なるほど木
頭村長にぜひシャウトしてもらいたくなるようなギンギンのロックン・ロールだっ
た。こんな歌詞です。

【ガラクタ by 忌野清志郎】
ぼくに聞かせておくれ
君たちの悪いタクラミを
ぼくに見せておくれ
君たちの貪欲な黒い腹を
 でも、そんなに簡単にはいかないさ
  そんなに簡単にはいかないさ
  そんなに簡単には
 ぼくらを つぶせないさ

ぼくに聞かせておくれ
君たちの次のカラクチを
ぼくを傷つけておくれ
君たちのいつものやり方で
 でも、そんなに簡単にはいかないさ

・・・中略・・・
  ぼくらをつぶしたその後は
  いったいどうするつもりだい?
  誰を食い物にするの?
  今度は誰を利用するの?

ぼくをつっついておくれ
君たちの血や肉にするために
ぼくをふんずけておくれ
君たちがふんぞり返るために
 でも、そんなに簡単にはいかないさ
 君たちじゃたぶん無理だろう
 君たちはみんな
  ガラクタなんだから

【岩手報告さわり】
「大規模林道問題全国ネットワーク」が行なった「大規模林道」の現地調査に参
加しました。山を歩いて、クマゲラの食痕(しょっこん/と読みます。木を掘っ
て中のアリを食べた跡です)を見ました。その目と鼻の先まで、木を切り倒して、
7.5メートル幅舗装の林道が作られようとしている。しかも、皆伐が進んで、作
業道もある、あるいは切る木が存在しない所に通されている。
「クマゲラ」ってご存じですか?キツツキです。コンコンと木に穴を開けて巣を
作る、あれです。天然記念物。「環境庁」は「森林開発公団」に待ったをかける
べきだと思う。現地では、岩手日報と読売新聞岩手版の7月28日版朝刊で、報道
されました。詳しくは次回。

まさのあつこ