TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記330(ラオスと木頭?)←  1997年 8月 14日  →ダム日記332(目玉)

∞∞ダム日記331(訂正大行進)∞∞

8月13日(水)
壁に耳あり、通信にたくさんの目あり。というわけで、

【訂正オンパレード〜!】
●大規模林道に関して。先日幅7.5メートルとウロ覚えのまま書いたら、全国一
律「7メートル」じゃい!と訂正が入りました。失礼おばおばばm(_ _)m。(そ
の他、キビシイ検証や比較も必要な部分がありますが、省略(^_^;)。ただ、7メー
トルのために20メートルや30メートル幅で森が切り倒されていたことはまぎれも
ない事実。)

●前回のラオスのダムに関して。
1.カタカナ表記では「ナム・タム2」なく「ナム・トゥン2」です。そうか。
そうだな(^_^;)。
2.「IFC」の方はコンサルタント会社ではなく、国際金融公社International Fi
nance  Corporationだと思います、だそうで、大変失礼いたしましたm(_ _)m。
3.「原住民」は差別的、「先住民族」だ〜とのこと。m(_ _;)mソーソー。

1号につき、必ずなんらかのミスがあると言ってもいいダム日記ですが。。。
物書きとして食べていきたいなら、ダム日記でも正確に書け!と言われてきた。
本日まで「ダム日記は趣味」と気にせずに来たが、今日から気にすることにした。


【突き抜けた】
今日は色々な悩みがこんがらがっていたのが一気にほどけた。余りにこんがらがっ
て糞づまりのような状態だった。結局(1)ジャーナリストとして、どうやった
ら食っていけるようになるのだろう→書いて書いて書きまくる。商業雑誌で書い
てなんぼ。(2)NPOにすべきか合資会社にすべきか→やっぱりNPOにしよう。そ
の中身一歩一歩。(3)今企画していることの進め方→積極的にプッシュと相談
と行動。
この3つの悩みプラス、3つの区別や区切りや切り替えをどうつけるかとか、時
間とエネルギーばかりとられて自分のことが何もできないという焦り、理想と現
実と実力と夢との間で右往左往して、もう「どうしようもなく動けていない!」
とパニックになっていた。
でも、(1)に関しては、今日、「相模大関の差し止め裁判」の帰りに、先輩ジャ
ーナリストに徹底的に叩いたりいもんだりしてもらって突き抜けることができた
(感謝m(_ _)v)。その後、東京へ出て別件をすませ、麦飯定食をモグモグ食べ
ながら(ウマカッタ)、大先輩達にグチャグチャと残りの部分を話していたら、
(2)も(3)もホロホロっと解けた。今日からまた熟睡だ!
まさのあつこ

P.S. 突然ですが、相棒の帰省に付き合いがてら「木頭村の未来を考える会」の
オフ会を15日(金)大阪で行ないます。時は5:30。待ち合わせ場所は牧本さん
がPATIOに書き込んでくれるかもしれない。