TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記331(訂正大行進)←  1997年 8月 19日  →ダム日記333(凍結と中止)

∞∞ダム日記332(目玉)∞∞

8月19日(火)
寝足りた。「仕事人」になる決心がついた途端に、相棒んちで「家庭人」したら
調子が狂ってしまった。帰ってくると、シゴトが山のようにそのままになってお
り、クラクラ〜っ (*_*;)と厭世感に捕われた。ふてくされて昨日から今日にか
けてゆっくり寝たら、とにかく頭がすっきりだ!

先日お知らせした木頭村でのイベント、今日が申込締め切りということなので、
もう一度、案内の概略を掲載させていただきます。

【サマーアクション・イン・木頭】
8月24日 13:00−15:30 せんたく講習会
      16:00−18:00 パネルディスカッション
   「水は地球をめぐる 山と川の合言葉」:藤田恵村長他
    18:30−20:30 懇親会
8月25日 9:00−12:00 一本杉乗り・川遊び・あめご釣り
            荒谷見学・木頭ヘルシック見学
主催:「サマーアクション・イン・木頭」実行委員会
申込など:〒770徳島市北田宮1-8-68 徳島県教育会館内0886-33-2929
〜〜〜〜〜〜〜〜
徳島市内から送迎つきで1万円という参加料ですが、市内からだと一人で行って
も、木頭までバスで往復7000円近くかかるので、宿泊や食事も込みで、妥当なお
値段。
村外からの参加は30人くらいということで、こじんまりと交流できそうです。

目玉(・・)I:ディスカッションのコーディネータが、吉野川第十堰問題に取り
組んでいらっしゃる喜田敏夫・藍住町議員なので、木頭村と吉野川第十堰問題の
相方を、一緒に学べる。吉野川第十堰(=吉野川河口堰)の流域で建設促進決議
をしていないのは、喜田氏のいる藍住町のみである。たった一人でも、住民に耳
を傾ける議員がいれば(自分達の仲間を議員として出せばという言い方も成り立
つ)、簡単には開発側の言うとおりにならないという例だ。「コーディネータ役
なんか脇において、第十堰の話をたっぷりしてください!」と要望した。
目玉(・・)II:パネラーの水野美紅さんは琵琶湖で合成洗剤追放運動をやってき
た方。
目玉(・・)III:パネラーの前田重幸さんからは、阿南市の橘湾石炭火電の話が
聞けるはず。
目玉(・・):藤田村長はいわずもがな。

【ガロになって遊べ、語れ】というイベントも、8月30日(土)〜31日(日)に
あります。こちらは木頭の下流「相生町」で。アウトドアイベントです。参加料
600円、小学生300円。連絡先:0886-54-4554(みわたしさん)

まさのあつこ