TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記338(Get 1)←  1997年 9月 12日  →ダム日記340(入荷しました)

∞∞ダム日記339(出せ〜)∞∞

9月11日(木)
長良川では、13日から15日まで、毎年恒例「長良川DAY」が繰り広げられます。
でかける人は道中気をつけて〜(^^) /!

私は先月末鳥取へ行って、書かねばならんということに遭遇して、ここ2週間、
うなされたように、来る日も来る日も四十年分の資料読んで(ちと大袈裟だが・・
・)、「うがぁ〜!」っと今日書いた。すっきりした。今日はもう寝る。が、そ
の前に。

【ダムなど公共事業にまつわる情報公開にお困りの皆様!】
月1ペースで開くと言った「木頭村の未来を考える会」勉強会、いきなり8月、
9月ともすっとばしてしまいました。10月はこともあろうに2回やります。
ムラがあってすみません。
============================================
第二回「木頭村の未来を考える会」の勉強会
日時:10月3日(金)18:00〜21:00
題目:「質問主意書を書こう!」セミナー
講師:栂坂英樹(国会議員政策秘書)
場所:東京渋谷青山環境パートナーシッププラザ会議室
============================================
別名、「出さぬなら、出さしてみましょうホトトギス講座」と言います。
ご参加いただいたいと考えていますのは、「ダムなど公共事業にまつわる情報公
開にお困りの皆様」です(^_^;)。無駄だ!要らない!と思う事業で、「あぁ、情
報さえあれば要らない!と立証できる」と思う時がおありでしょ〜。そういう時、
即効性には欠けますが、情報公開の一つのやり方として考えられるのが「質問主
意書」です。
一国会議員の資格においてのみ、政府に出せる質問状です。それは一体どういう
ものか?基礎的な解説から書き方まで、一気に教えていただきましょう。なにし
ろ、国会周辺事情に長けている人とお知り合いになってしまうのは、ココロ強い
ことです。
「本気」の方には、事前の課題を出させていただくかもしれません。向学のため
という人も遠慮なくご参加ください。

一市民の自分が質問主意書書いてどうするか?国会議員を通して政府に出しても
らいます(^_^;)。やりましょう。なお、我ら市民を、助っ人したいと思われる国
会議員の方や秘書の方が他にもいらっしゃいましたら歓迎ですm(_ _)m。党派は
一切気にしません。

根底のテーマは、「木頭村から勝手に学んじゃえ!」です。新進党の草川昭三議
員は、木頭村に関する質問主意書を3度出されまして、その結果、出てきにくい
情報がチビリ、チビリと出ました。ははは。「木頭村の未来を考える会」は、別
名「木頭村の過去から学んで未来に手渡す会」です(^_^;)v。

【10月31日(金)18:00〜21:00第三回勉強会予告編】
「ダム作る金はどこからやってくる?!」セミナー(仮題)。別名【親はなくと
も子は育つセミナー(^_^;)/】。ある大学院生が後輩の「西村君」にダム日記の
バックナンバーを渡しておいたら、いつのまにか立派な公共事業バスターに育っ
た。その西村君を、講師として京都からスカウトしました。なんせ今ではワカモ
ノから学ぶことが多いもんで(^_^;)。あっ。【老いては子に従え】セミナーか。。
。とにかく、木頭村にも苫田にも足を運び、現場を駆け巡るタクマシイ若者です。

まさのあつこ