TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記353(英国環境庁と岐阜)←  1997年 11月 17日  →ダム日記355(蟻の不完全燃焼)

∞∞ダム日記354(吉野川健在!)∞∞

11月16日(日)

【娯楽トークショー住民投票を語る】
ローカルな話で失礼します。四国放送ラジオ「岡本和夫のとことんRadio」で、1
1月14日、吉野川の「第十堰改築論議【住民投票への道】」が放送されました。
その模様をインターネット上で聞くことができます。
「リアルオーディオ」という仕組みだそうだ。
http://www.jrt.co.jp/tokoton/tokotontp.htm の画面の右上「生放送が聞こえ
ます」をクリックすると、11月17日(火曜日)まで上記の番組を聞くことができ
るとのこと。

「岡本和夫のトコトンRadio」は物凄い人気番組なのだと以前にも聞いたことが
実はある。この番組で「住民投票」が議論されることは、もの凄い意味を持つ!

なお、出演者は「吉野川シンポジウム実行委員会」姫野雅義さんや「吉野川の未
来を考える建築設計者の会」の間健二さんや野口政人さん。市民代表で「モーゼ
金原腕造」という凄そうな人もいる。彼らは、今まで、吉野川について度重なる
勉強会を開いている。頑張れ吉野川ウォッチャー!

さらに【第十堰イベント「吉野川を食べる!」】
「吉野川という大自然からの贈り物を「食う」ことにより、自然と付き合う作法
を考える。」イベントだそうだ。以下、抜粋して転載。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   〜〜〜第十堰イベント「吉野川を食べる!」〜〜〜
日時:11月23日(日)午前10時頃より午後4時頃まで
   前夜祭もあるよ(キャンプしたい方はどうぞ)
    11月22日(土)午後7時頃ゲストとたき火談義
場所:徳島県吉野川第十堰北岸(徳島県板野郡上板町)
ゲスト:カヌー親分         野田知佑
    あやしい探検隊のリンさん  林 政明
    釣り名人・エッセイスト   熊谷栄三郎
    料理名人          岩本光治
参加費:無料(少しカンパしていただけたら幸いです)
主催:吉野川シンポジウム実行委員会
   TEL:0886-26-1424(姫野事務所内事務局)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さらに、その前に、
 【講演会「第十堰はどうなる − 長良川から吉野川の未来を見る」】
というのもある。
 [日 時]11月22日(土) 13:30〜16:00
 [場 所]徳島県立総合福祉センター 5階ホール
 [テーマ]長良川の清流はどうなった − 可動堰閉鎖から2年
 [報 告]岐阜大学教授 粕谷 志郎氏
      (長良川可動堰上流のユスリカの発生と、
              下流部でのヘドロ発生のメカニズムを研究、発表)
 [入場整理券]500円
 [主 催]第十堰の可動堰への改築に反対する徳島市民の会、
      徳島自治体問題研究所(TEL 0886-23-1631)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(吉野川第十堰(だいじゅうぜき)を知らない方へ:徳島県の吉野川第十堰は河
口堰を作るかいなか「ダム審議委員会」開催中です。吉野川と木頭村(きとうそ
ん)の「細川内ダム」は相乗作用によって、県内での議論を高めてきました。ち
なみにダム日記は木頭村への応援歌です。)
まさのあつこ