TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記361(内へ向う)←  1997年 12月 20日  →ダム日記363(メディアワーク大転載)

∞∞ダム日記362(ゼロ成長)∞∞

12月20日(土)
ゼロ成長---自分のことです。この4カ月間、人間的に「ゼロ成長」だったこと
が、4カ月前に書いた文章がでてきて分かりました。ニフティ上の「木頭村の未
来を考えるPATIO(元はホームパーティ)」で時々「敵は己だ」というタイトル
で心の中のことを吐いていたのですが、そろそろ書き足す時だと思って、先日、
「己」という言葉で検索したら、かわりに「自己喪失」というファイルが出てき
た。1997年8月2日に書いている。忘れていた。

唖然とした。書こうとしていた心境がそこにすでにあったので!
8月2日から、私は自分を失ったままで走っていたのだ。あえて皆さんの前にさら
すことにします。でも心配しないで!「さらせる」ということは、もう癒え始め
ているということですから。(「諦め始めている」というべきか・・・投げやり
の諦めではなく、正岡子規の「諦念の心」に通じる方の諦めです(^_^;))。

そう言えば、先日、京都から出した情けないヨレヨレダム日記に、「しっかりし
ろ!」と叱咤させれもいいくらいなのに(それは一通もなく)、「激励」だけを
送ってくれたたくさんの友人にありがとう(^o^)/。「こういう場はもっと頑張る
べきだ」という相対的な叱咤ではなく、「君は頑張っている!」と絶対的に激励
してくださることで、私は自分の無能さを嫌悪しながらも、自分自身を嫌いにな
らずに済みました。
自分の無能さを、人の有能さに還元していくことは私の天職ですから、そういう
意味では乞うご期待(゚.゜)\☆!(これって簡単に言うと、自分では失敗ばっか
りするのに、人には口うるさい婆さんになるということですね(^_^;?)

京都で私を車から見かけた前田さん(--娘さんによろしく)!メールありがとう
ございました。さりげなく私信(^_^;)。岸本さんも覗いたんなら声かけてくれれ
ば良かったのに。堂々と私信(^_^;)。

以下、4カ月前に書いた「自己喪失」ファイル丸ごと転載します。今、ふと「お
もて」のダム日記ではこの頃、何を書いていたのだろう?と8月2日から9日まで
のダム日記を読んでみた。ふーん。表裏一体であること、なぜ自己を喪失しなが
ら走っていたのかが分かった。あまり読み返す機会がなかったけど、ダム日記っ
て私にとって面白い。
では1997年8月2日「うら」のダム日記です(^_^;)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最近、自己喪失してる。あまりにも親しく話す人が増え過ぎたためだ。親しい人
というのは、せいぜい2、3人で、一緒に楽しく遊ぶ仲間が10人とかせいぜい20
人くらいとか、そういうのが私の世界だった。
今は、気にかかって励ましたい人がたくさん、気にかけて励ましてくださる方が
たくさん、すると、不器用な私は、どっちを向いていいのか分からなくなってし
まう。誰に向いて話をしたらいいのか分からなくなってしまう。メールをかける
のは、せいぜい一日に一人だ。一番感謝をしたい人、とか一番お世話になった人
とか、一番励ましの必要な人、とか、今人間関係を作っておかなければならない
人とか、優先順序をつけようとしても、そういう人が束になって、やってくる。
最近、親しみのこもったメールを書いてない。親しみのこもったメールをいただ
いても返事がかけない。親しみのこもったお手紙をいただいても、お手紙がかけ
ない。私の能力や時間に比べて多すぎるからだ。食べていくための仕事だってし
なければならない。開拓しなければならない。ストレスは結構ある。人並みにな
る。たぶん、それだけだって人一人が大いに時間をかけて悩む程の悩みなんだろ
うけど、気にしていられないというのがどことなく空しい。やらなければならな
いことがあっちにもこっちにも見えてくる。やれると思うこと。やりたいと思う
こと。そういうなんやかんやに、押し潰されて、しかし押し潰されない自分は一
体なんなんだろう?なんてずぶといんだろう?
お先真っ暗でほとんど何も見えない。本当はそういう状態なのにそう自覚できな
い。岩手の平穏な4日間の生活はよかった。山が見えて、緑があって、鳥がとん
で、沢の音が聞こえて、空が青くて、雲が白くて、夜は暗くて。
発狂しそう。無理をしていないことがストレスになる。私は一生懸命やってパタ
ンと倒れる方が似合っているのだ、きっと。うん。そうだ。身体を大切にしよう
なんて思うのが私らしくないんだ。私らしく、全力投球してパタンと倒れよう。
その方が楽なんだ、きっと精神的に。頑張るぞ〜!やっぱり変か。私、ノイロー
ゼかもしれない。2年半に渡る環境の継続的変化で、そろそろ、疲れてきたみた
いだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日は、民主党の管代表が吉野川第十堰に行きます。管さんは、第十堰で何を見、
何を学び、国会での行動にどう結びつけていかれるのでしょうか?
-----------------------------------------------フォーラム「今、川を住民に!!」
 菅 直人、第十堰を語る!
 可動堰CG(コンピュータグラフィックス)初公開。
  [日 時]12月21日(日) 18:00〜
  [場 所]徳島県郷土文化会館.1階大ホール
  [主 催]吉野川シンポジウム実行委員会
  [連絡先]0886-26-1424(シンポ実行委)
-----------------------------------------------
まさのあつこ・・(牧本さんサンキュー!)