TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記372(闇とサンセット)←  1998年 2月 6日  →ダム日記374(兵糧攻め)

∞∞ダム日記373(ホリホリ)∞∞

2月5日(木)
過去に向かって「ホリホリ」している。掘り起こそうと思っている対象は、どれ
もこれも、20年も30年も40年も前のことばかりだ(学習に時間がかかるぜ。
根がナマケ者の私にはツライ・・・(^。^;)。
だが、ホリホリしていると、いつのまにか、未来に出てしまう。
あれっ?と、もう一度、「ホリホリ、ホリホリ」潜るのだが、どうしても「先端」
に出て、そこを取材しなければならなくなる。

過去を取材したい。新しいことは私でなくても皆追う、と勝手に役割を振ってい
たのだが。昨日、はた、と気づいた。そうだ。ここは、20年30年40年決着
がつかなかったことに、ま〜だ、決着のついていない国なのだ。だから、「先端」
と私がたまたま思う部分は、ここ最低20年、先端であり続けた課題だったのだ。


30年近くダム問題で揺れる...などとこのダム日記で枕言葉をつけていた木
頭村の問題は、決着の付き方がまだ早い方なのだ。おぉ・・・。なんと言うべき
か。
みんな、諦めてはいけない。

まさのあつこ・・・ゴミマキ専科

P.S.毎日新聞の夕刊で、最近、作家で運動家の松下竜一さんのインタビュー記事
が連載されている。松下竜一さんは、木頭村の藤田村長の好きな作家です(勝手
に暴露)。
「ワタシが尊敬しとる作家(^^) 」と聞いて、大分前に図書館で「いのちきして
ます」という本を読んだ。大笑いできます。市民運動に疲れた人にお勧め。とこ
ろで、「命期してます」ってどういう意味だろうって、それ以来ずっと考えてい
た。
命を期する。そういう生き方をしたいな、と、なんとなくイメージだけでそう思
うのだが、それがどういうことなのか、まだ、分からない。