TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記393(帰国)←  1998年 4月 30日  →ダム日記395(ゆり子さん)

∞∞ダム日記394(元々の犬)∞∞

4月30日(木)
日曜日の昼から帰っていましたが、脳味噌が荒野モードだったので、日本モード
になるのを少し待っていました。
それにしても、、、2年くらい前から少しづつ、少しづつ、浮世離れした(元々
の私の感覚からすると、ですね)出来事が自分の身の回りに起きるようになって、
自分ではバランスを取っているつもりなんだけど、元々物事に動じない方なので、
人から見ると物凄いことをしているんだよなということでも、あっと言う間に、
私の中ではそれが当然のことになってしまうという、、、う〜む、今、自分はど
こで何やってるんだろうと迷い迷い進んでいる。進んでいた、と言おう。
先日、ある人に自己紹介する折、その人が急に核心的質問をするので、私もむき
になって核心的解答をしながら、とても大事なことに気づいた。

私の目標は、ダムにまつわる法律を変えていくことなのだ。「日本ではどれくら
いでそれができると思うか?」と聞かれて「あと10年」とはっきりと答えてし
まった。
「どのようにして10年なのだ?」と聞かれたので、「私の回りでは、物事を変え
ていくには、司法、立法、行政、全方位的にすべてに対し働き掛けをしなければ
ならないという認識が一通りできた。これから、2、3年でその認識を実践して
いこうという動きが起こる。実際に実践が実現し始めるのに5年。ダムにまつわ
る法律はたくさんあるので、少しづつ進めていって10年で完了という計算。これ
はここ2、3年で起きてきた変化から想定できる。たぶん、そうなると思う」

そう答えながら、私は道に迷っていた子羊から、再び、木頭村に出会い「絶対に
法律がおかしい!制度がおかしい!」と闇雲に怒っていた路傍の犬に戻ったよう
な気がした。
私の目標は、ダムにまつわる法律を変えることだ。
ジャーナリストになるというのはその手段だ。間違えずに行こう。そう思った。

まさのあつこ