TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記429(青い鳥と石)←  1998年 7月 8日  →ダム日記431(自民敗北)

∞∞ダム日記430(川ウソ)∞∞

7月8日(水)
7月13日に、吉野川第十堰(だいじゅうぜき)の最終の審議委員会が開かれるこ
とが決定しました。

日時:7月13日 午後5時半
場所:徳島北宮一の県教育会館
傍聴抽選:午後4時半から5時まで、抽選で10人
     (100人収用の別室にモニターが設置される)

13日、とのウワサが流れてきた時点で、岐阜県で「強制収用」騒ぎ真最中の「徳
山ダム」問題に取り組んでいる近藤ゆり子さんにチョコっと知らせておいたら、
 >「ひゃー、選挙の翌日、まだ議席確定に湯気が立っているうちに、
 >審議委員会をやって第十堰破壊+可動堰建設にGOサインを出そう
 >だなんて、なんとまあ汚い。「そんな汚いことやって、通ると思
 >っているのか!」
と返事がきた。

ところで、徳山ダムの強制収用の準備作業が進められる中、「強制収用はしませ
ん」という昔の確認書がでてきたそうだ。あっちもこっちも、ダムを作る人は嘘
をつくらしい。以下は昨日書いて、出しそびれた日記です。川ウソ君の話題です。

7月7日(七夕)

【北海道の時のアセス】
7月2日に、北海道に住む山本まりさんが「 時のアセスの対象になっていた白老
ダム、トマムダムを中止することを北海道は決めたそうだ」と教えてくれた。
水需要が見込めなくなったからだそうだ。
彼女のいる函館の「松倉ダム」も「時のアセス」対象事業で、現在、色々議論さ
れているらしい。笑ってしまうのは、「人口増加を見込んだ利水計画」について
で、
 >函館は明治時代くらいがピークでその後一貫して人口が少し
 >づつ減り続けている。今は29万人台なのに、計画では
 >2016年には32万に増えることになっている
というくだりで、これには普通の市民も疑問を抱いているという。

【神奈川の罪人】
人口と言えば、神奈川県の役人も、神奈川の人口増加について、キョーレツな考
えを持っていることが先日、取材で分かった。
「神奈川県の人口のピークはいつくると考えているのか」と聞いたら、「2015年
でもまだピークが来ない!」という回答だった。統計を専門にしている研究所に
よる予想では人口はもっと早く頭打ちになることになっている。
2015年を越えても人口が増えないと、現在も県のド真ん中で工事中の「宮ケ瀬ダ
ム」が無駄になっちゃうから(^_^;)そう答えざるをえないのだということがよく
分かった。ちなみに神奈川の場合、この宮ケ瀬ダムは人口増加によって1985年に
必要となるはずだったのに、今だに水が足りている。宮ケ瀬ダムは完成してもい
ないのに水不足もない。

それから、上流の宮ケ瀬ダムを作ると、下流の既存の寒川堰で取水している水が、
役人の裁量によって、取水できなくなる(寒川堰が他になんの理由もなく使えな
くなる)件を究明しようとした。対応した役人は「県は最初からその認識でいた」
という。それだったら、宮ケ瀬ダムと相模大堰に投じた約1兆が無駄であること
を知って支出を認めた神奈川県知事は、現在行なわれている裁判で有罪になるだ
ろうから、それならそれでいいや、と思っていた所、資料を片端から読んでいた
ら、ついに見つけた。役人の言ったことはウソだった。
県はその認識というか意図がなかった(少なくとも住民にそう文章で回答してい
た)のだ。ウソをつかれてしまった。ナメラレタ。頭に来た。取材だと言ってい
るのに、ウソを言われたら、誤報してしまう!
ウソが分かった時点で、もう一回電話した。もう一回同じことを言わせた上でそ
のウソを抗議した。将来もしジャーナリストを目指す人がいたら、気を付けよう。
勉強不足のまま役人を取材すると、ウソをつかれる。特に、神奈川県水資源対策
室は要注意部署だ。

さて次回は、「徳島県庁」の役人が、吉野川第十堰(だいじゅうぜき)事業に関
してついたウソを「公共事業チェックを実現する議員の会」の佐藤謙一郎議員
(会長代行)があばいた一件を報告できればと思います。

河川行政をめぐって嘘をつく役人を、今後「川ウソ君」と呼ぼうかと思います。
あ、カワウソがかわいそうだからやめたっ。

まさのあつこ(森の取材にいってきます)