TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記446(大臣の耳)←  1998年 8月 31日  →ダム日記448(1日目)

∞∞ダム日記447(神奈川県民)∞∞

細川内ダムのことやっているうちに、なんだか、わけのわからんことに。。。。
最近、細川内ダムの話題に触れずに、細川内のリンクに付けていて、最近読み始
めた人は絶対なんのことかわからんよな・・・(^_^;)。

8月31日(月)
【神奈川県民の私】
●週末、相模川キャンプインシンポジウムらが発行している「SAVE THE RIVER
情報 相模大堰住民訴訟ニュース」を読んで、痛く心を動かされたので、神奈川
県の岡崎知事に手紙を書こうとしたが、完成せず。仕事に追われる。情けない。
神奈川県民で、このニュースレターを受け取っていない人は、直ちに購読すべし。
8月23日号には、有志メンバーが吉野川へ行って阿波踊りに挑戦したエピソード
も載っている。吉野川エピソードを読みたい人は、ちゃらんけさん(BXI04376@n
iftyserve.ne.jp)がメールしてくれる。
ちなみに最近、相模川シンポでは、若手の村山君が、週刊金曜日(8月21日号)
で、月刊誌OUTDOOR(9月号)でと、相模川問題をシャカリキに訴えている。後者
OUTDOORには吉野川の記事(P.158,159)を私も書いた。

●ウチの近所に、横須賀市芦名の産業廃棄物処分場予定地で行なわれているアベ
トンフォーラムの自然観察会に誘うオリジナル案内チラシを配ろうと思い付いた
が、作る暇がないので相棒に「案内文書いて!」と、家の掃除と共に頼んだら、
掃除はしてくれたが案内文を書いてもらいそこねた。わはは、失敗(^_^;)。次回
観察会は9月20日。

【ヨタ話】夏休み前から下まぶたの内側に直径1センチくらいウミが溜まって気
持ち悪かったが直ってきた。次に親知らずが生えてきて痛かった。我慢して徳島
へ一泊取材へ。次の日、ニューヨークより友人来たる。2時間前まで仕事。到着
した友人と相棒に買い物を任せ、痛さをこらえて「やっ!」と掃除と料理をして
たら、「ジュッ!」と腕に2センチの火傷。食べろや唄えの大騒ぎ。翌朝、友人
達を駅まで送って歯医者に飛び込む・・・と、一週間アゴも開きにくかったのに、
もうあんまり痛くないことに気づいた。もうどこが痛いのか分からなくなってい
た。抜くのはヤメ。帰って掃除機をかけていたら、やけどの水ぶくれが破れて
「あう〜。痛いのはここだった」と気づいた。。。

【冗談みたいですが、実は、国会議員の秘書します】
こんなヨタ話を今の内に一気にまとめてするのは、実は、明日から国会議員の秘
書をするからです。え?耳を通り越した?冗談ではありません(^.^)。冗談みた
いですけど。
決めた後、しばらくして(鈍いんですね)、痛みと仕事の混乱(8月一杯でいろ
んなこと終わらせなきゃ!)に加えて、ひどいストレスに襲われました。

私はこれから「触媒(カタリスト)」となって、これを読んでくださっている人、
これまで私を育ててくださった人、住民運動や日本や民主主義を教えてくれた人
の言葉を国会議員に運ぶ人になる...「わっ!日本が変わるかもしれない!」っ
て自分で思っちゃった瞬間(なんという大袈裟なうぬぼれ!!!)、おそろしく
て、ガクガクして涙が出てしまった。生まれて以来、最大のプレッシャー。

跳ねのけるのに時間がかかりましたが、某渡辺さんに愚痴り、某平井さんに愚痴
り、これからの闘いに備えて、武器と弾薬庫のチェック(なんのこっちゃ?)も
済ませ、もう開き直りました。「まさのあつこ国会議員秘書バージョン」は明日
から起動開始です。

何故こんなことになったのか、誰につくのか、何を目標に何をやるのかなどはま
た。「ダム日記」バージョンまさのはそのままですからあしからず。

まさのあつこ

P.S. 日本自然保護協会が、「吉野川第十堰問題小委員会」の設置を決めたそう
です。問題点の把握の仕方といい、活動の目標の定め方といい、素晴らしい。