TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記458(議員と秘書)←  1998年 10月 23日  →ダム日記460(トラスト)

∞∞ダム日記459(炎)∞∞

10月22日(木)

【徳島にもうすぐ、火が燃え盛る】
10月16日、吉野川第十堰の可動化(江戸時代から修復され続けてきた固定堰を壊
し、可動堰を作ること)の是非を問うための17条からなる「住民投票案」が発表
された。
10月26日に徳島市に提出され、11月2日から条例請求に必要な署名集めが始まる。
署名集めをする人間は、徳島市民でなければならない。請求に必要な署名は、有
権者の50分の1で約4200人だという。

【署名を申し出た人3500人!】
もの凄いことに、「自分も署名を集める!」と申し出てきた人だけで、すでに35
00人に達っそうとしていると、10月17日に東京で開催された「川を守るのは誰か」
で講演した自称「今は住民投票オタク」姫野正義さんが言っていた。3500人です
よ!

7月、参議院選挙の翌日に、ダム審議委員会で「推進」の答申が出て以来3カ月。
賛成の人も反対の人も関わる住民投票だ。その象徴的な話を聞いた。来年の地方
選を睨み、保守系の候補者も署名集め人にならざるを得ない状況があるのだとい
う。
署名を集めるということ自体は、反対でも賛成でも関係ない。むしろ「とにかく
自分達で決めるのだ」という雰囲気ができて、「自分たちで決めるということ」
に反対できない雰囲気ができているという。
民主主義とは、ある時は、個人個人の執念の結晶だったりする。
頑張れ!3500人の個人!

まさのあつこ

P.S.今週末は、吉野川の川原でイベントが行なわれる。メッセージも引き続き集
めている。集まったメッセージは建設省に送るそうだ。あなたもいかが?

Eメール:daiju@mandala.ne.jp FAX:0886-26-1480
ハガキ:〒770-0808 徳島市南前川町4-3-201
吉野川シンポジウム実行委員会事務局