TOP 1-100 101 - 200 201 - 300 301 - 400 401 - 500
ダム日記496(勝利の美酒)←  1999年 3月 9日  →ダム日記499(半年分の実)

∞∞ダム日記497(長い1日)∞∞

3月8日(月)
昨日は山形。
今日は昼から「公共事業チェックを実現する議員の会」による三番瀬(千葉県)
の視察の日。
明日が衆議院環境委員会でボスが50分質問に立つ日なので、朝からおおわらわ。
明日はおまけに同「議員の会」による「奥只見ダム発電所問題」について省庁と
NGOからヒアリングをする予定だった。が、直前になって衆議院本会議が入るわ、
参議院でも委員会が立つわで、出席する予定だった議員が全員出れなくなり、急
遽延期することになった。せっかくコツコツ時間の隙間に手配した省庁への連絡
がいっぺんでパーになり、延期の連絡でおおわらわするわ、NGOに申し訳ないわ
で、金曜日からとにかくずっとワラワラ (/*_*)/している。

週末に届いた一抱えの郵便をもって9時過ぎに事務所に上がると、おっと!「お
はようございます!」ボスの方が先に到着していた。これまた週末に届いた多量
のFAXを整理していると、明日の環境委員会のことで早くも電話が入り始める。
傍聴希望。傍聴ってどうやって手続きするんだ?先輩から教わっていなかった。
一々電話で問い合わせる。
質問取り(レク)の連絡を待つ環境委員部からの連絡・・・。

そこへ、ダイオキシン報道に関して国会でテレ朝を招致することに怒った所沢市
民から電話が入る。「ずっと腹立たしく思っています!」どうも環境委員会で呼
ぶと勘違いをしてのお怒りだった。(どんどん本質から離れた議論になってしま
うではないか。)私もそう思っていた。「あ、あれですね。私も怒ってます」思
わず本音で受け答えてしまう。が、国会で起きている全部を把握しているわけで
はないので、新聞を広げながら、「えっと不勉強ですみません。それは、逓信委
員会で行なわれます。え?民主党の逓信委員会の議員ですね。はい調べてご連絡
します。」環境にちょっとでも関係するあらゆる問い合わせが来る。ドタバタ調
べてFAXしたつもりが通じず、これは夕方リターンマッチがあった。

ボスと打ち合わせをしながら、5分に一回くらいそうした電話に出る。落ち着か
ない。足りない情報を求めて電話したりFAXを送ってもらったり、インターネッ
トで探したり。マスコミが問い合わせに来たり、電話があったり。学生のサクちゃ
んが来てくれて今日は助かった。
やがて環境委員部に「5時に質問取りに来てもらってください。遅いですか?大
丈夫?12時から4時半まで三番瀬への視察で議員も私もいませんので」と質問通
告。時計を見ようとして腕時計を忘れてきたことに気づいた (/*_*)/。こんな日
に限ってそうなのだ。

12時。三番瀬視察へ。昼御飯はボスとともに総武線の中(トホホ)。これまで視
察へ随行した経験から、たいがい事業者と市民の間で紛争が起きているから、
「双方」からの話を聞くことが大事。今回も直前になってそのようにアレンジし
た。これもワラワラの一因。

視察終了。とんぼがえりで議員会館へ。4時半。沢山電話やFAXが入っているが、
急用以外は全部後回し。質問取りの人達が来始めた。ちょっとしたおもしろいア
クシデントあり。6時過ぎ、レクと称するもの終了。

と、地元事務所から電話。
「電話頂戴」と言われていたのに後回しになっていた。
「今日は代議士の誕生日だった。」
エっ!しまった。朝から夕方までドッタンバッタンで気づかなかった。
そして、さらにまた、環境委員会での質問への答弁を用意する官僚から、「確認」
の電話が入ってくる。う〜む。

明日や明後日のための「電話頂戴コール」を返していたら、あっと言う間に8時。
10時近くまで連絡や雑用に追われ帰った。「明日は早く帰る!」
月曜日は何故かいつもそう思うことになる。

帰り間際、全部見切れていなかったFAXの中に「奥只見ダム発電所問題」に取り
組むNGOからのものを見つけた。議員の会でのヒアリングは中止になったが、明
日、独自で関係省庁へ申し入れに行く、とある。たくましい!市民はそうでなけ
ればならない。

また一週間が始まった。
平常心で明るくのんきに楽しくやる決心が今日ついた。
小さなトンネルを抜けた。

まさのあつこ